伊勢神宮 新嘗祭2014とは?五穀豊穣を感謝しに行こう!


スポンサード リンク

ご訪問ありがとうございます。

日本全国にたくさんある神社の頂点?と言っても過言ではない伊勢神宮。

その伊勢神宮も昨年、20年に一度式年遷宮を行いさらにパワーアップ!

 

そんな伊勢神宮で行なわれる新嘗祭(にいなめさい)ってご存知ですか?

天皇陛下が皇居の中にある新嘉殿(しんかでん)において、

五穀豊穣を神々に感謝される儀式を執り行うのが、『新嘗祭』です。

 

新殻を陛下御自ら神々に奉られ、陛下自身も

お召し上がりになる大変重要な儀式です。

伊勢神宮内宮
伊勢神宮内宮 / Kentaro Ohno

 

伊勢神宮ではその儀式に際し、皇室の弥栄

国家の隆昌、国民の平安を祈る祭事が行われます。

 

皆さんもその年の収穫に感謝をし、

来年も豊作になるようにという願いを込めて祈願しましょう。

 

そこで今回は、伊勢神宮へ新嘗祭を見に行く方へ、

新嘗祭の日程参拝前に知っておきたいことについて

いろいろと紹介していきます。

          目次

  • 伊勢神宮 新嘗祭の日程は?
  • 伊勢神宮の参拝方法やおすすめ情報は?
  • アクセス方法は?
  • まとめ(周辺のおすすめ宿泊施設紹介~!!)

伊勢神宮 新嘗祭2014の日程は?

伊勢神宮の新嘗祭は、毎年、同じ日に執り行われ、

勤労感謝の日11月23日(日)に執り行われます。(今年は日曜日!)

新嘗祭:日程

  • 外宮:奉幣の儀:11月23日7:00~
  • 内宮:大御饌の儀:11月23日11:00~
  • 内宮:奉幣の儀:11月23日14:00~

日程は変更になる場合があります。

外宮の大御饌の儀は、夜間参拝停止時間中に行われるので、

拝観することはできません。

 

他の祭儀は、一般参拝者参道から拝観することができるので、

是非、荘厳な儀式を拝観しましょう。

大御饌の儀・奉幣の儀とは?

大御饌(おおみけ)の儀とは、

天照大御神にお食事をお供えする

祭儀のことをいいます。

 

奉幣(ほうへい)の儀とは、

天皇陛下のお使いである勅使(ちょくし)が、

陛下からのお供え物である幣帛(へいはく)と

呼ばれるものを奉る

祭儀のことをいいます。

伊勢神宮の参拝方法やおすすめ情報は?

伊勢神宮では、新嘗祭の他にも、

たくさんの祭儀が執り行われており、

新嘗祭に限らず、年中参拝したい場所ですね。

 

参拝方法について詳しくはこちら↓ をお読みください。

伊勢神宮とは?知らないと恥ずかしい参拝方法は?

 

鳥居から参道、手水舎での作法、参拝方法に至るまで、

動画も交え詳しく解説しているので参考にしてくださいね。

 

参拝した後にお土産を買いたい!方はこちら↓ を参考に。

伊勢神宮 おかげ横丁のおすすめ店は?お土産編!

 

伊勢名物からちょっと変わった?物まで

お土産として喜ばれるものを紹介していますよ。

伊勢神宮内宮前 おかげ横丁 ise jinguu naiguu okage yokochou
伊勢神宮内宮前 おかげ横丁 ise jinguu naiguu okage yokochou / bluXgraphics(motorcycle design Japan)=Midorikawa

アクセス方法は?

伊勢神宮へは全国から大勢の参拝者が訪れます。

全ての人に向けたアクセス方法は紹介しきれません。

 

そこで、主要な大阪からのアクセス東京からのアクセス

人気特急しまかぜを利用してのアクセスについて

わかりやすく紹介しているので参考にしてくださいね。

 

大阪から伊勢神宮へ 詳しくは→大阪アクセス

東京から伊勢神宮へ 詳しくは→東京アクセス

特急しまかぜで伊勢神宮へ 詳しくは→しまかぜアクセス

宇治橋鳥居 - 伊勢神宮 内宮/伊勢旅行
宇治橋鳥居 – 伊勢神宮 内宮/伊勢旅行 / Tranpan23

まとめ

今回の伊勢神宮の新嘗祭についてはどうでしたか?

20年に一度の式年遷宮もあり、

全国でもダントツの参拝者数を誇る伊勢神宮。

 

何度行っても新たな発見がありますし、

三重県は海の幸、山の幸おいしい味覚も満載です。

 

なぜかあまり注目されていませんが、

個人的にはおすすめ観光県です。

皆さんも是非、三重県の魅力を味わってみてくださいね。

 

そして、目次の予告通り、このまとめでは、

伊勢神宮へ旅行も兼ねて参拝しようという方へ、

周辺のおすすめ宿泊スポットを紹介していきます。(おぉ~。)

 

おすすめは、『王朝浪漫の夢見宿 斎王の宮』です。

斎王の宮の基本情報

  • おすすめポイント伊勢志摩の極上の味と露店風呂!!
  • 料金:目安約20000円(1人)~
  • 住所:三重県伊勢市佐八町 池の上1165-1
  • TEL:0596-39-6611
  • 交通アクセス:近鉄宇治山田駅から送迎あり(予約制)
  • 駐車場:無料駐車場あり(270台)
  • チェックイン時間:14:00~19:00
  • チェックアウト時間:11:00
  • 部屋数:28室

基本情報は変更になる場合があります

この斎王の宮は、『非日常の上質空間をおもてなしする』を

コンセプトにもう至れり尽くせりの上宿ですね。

 

値段が物語っていますが(泣)、全室天蓋付きベッド完備

露店風呂ありであれば、値段以上のお得な宿。

 

せっかく伊勢神宮に行くのであれば

お財布と相談しながら検討してみても良いかもしれませんね。


スポンサード リンク




この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

このエントリーをはてなブックマークに追加

3件のコメント

  • うみ

    2014年の11/23は日曜日です

  • うみ

    ちなみに神宮のサイトに載っている曜日は間違っていると思います

    • ジーロ

      ご指摘ありがとうございます。
      訂正しました。
      また何かお気づきの点ありましたらよろしくお願いします。

コメントを残す