伊勢神宮の2月行事って何がある?参拝前に要チェック!


スポンサード リンク

近年、ますます参拝者数が増加している伊勢神宮

皆さんは参拝に行ったことはありますか?

または、参拝に行く予定はありますか?

伊勢神宮内宮
伊勢神宮内宮 / Kentaro Ohno

 

伊勢神宮は、日頃の感謝を述べに行くところ、

天皇陛下が国家の繁栄、国民の平安をお祈りくださる場所です。

 

伊勢神宮で自分のお願いを祈願するのではなく、

日頃の生活への感謝を述べに行きましょう。

そういう祈願は是非、伊勢神宮の内宮別宮にある『荒祭宮』へ。

 

そこで、今回は、伊勢神宮へ参拝に行く方へ、

2月にどんな行事が行われるのか?について紹介していきます。

          目次

  • 伊勢神宮 建国記念祭とは?
  • 伊勢神宮 祈年祭とは?
  • まとめ

伊勢神宮 建国記念祭とは?

伊勢神宮で毎年2月11日の「建国記念日」に行われるのが、

建国記念祭』です。

 

伊勢神宮では、日本国のはじめをお祝いし、

今後のますますの発展をお祈りします。

 

日本というの国号の「日の本」の由来は、

天照大御神、日神が坐す国という意味があります。

 

まさに、天照大御神を祀っている伊勢神宮で、

建国記念日をお祝いするのは感慨深いですね~。

 

外宮ではAM7:00~、内宮はAM11:00~、

儀式が執り行われる予定です。(変更の場合あり)

 

皆さんも日本国の起源に感謝しながら、

荘厳な儀式を見守りましょう~。


スポンサード リンク

 

伊勢神宮 祈年祭とは?

祈年祭とは、「としごいのまつり」とも言われ、

毎年2月17日に伊勢神宮だけではなく、

全国の神社で行われるお祭りです。

 

伊勢神宮では、神饌(神へ捧げるお供え物)を奉り、

五穀豊穣をお祈りする『大御饌の儀』と、

皇室から勅使が参向して奉仕をされる『奉幣の儀』が行われます。

 

豊穣とは、農作物の豊作を祈るのに加え、

ひいてはそれが、「国家の繁栄」、「国民の平安」に通じると考えられ、

米作りが始まる前に行われるお祭りとして

昔から根付いてきました。

伊勢神宮内宮
伊勢神宮内宮 / Kentaro Ohno

 

伊勢神宮の祈年祭は、「神嘗祭」(かんなめさい)、

年2回ある「月次祭」(つきなみさい)の『三節祭』に加え、

新嘗祭」(にいなめさい)とあわせて、

伊勢神宮の『五大祭』とされています。

 

伊勢神宮へ参拝される方は、

是非この五大祭にあわせて予定を組まれてはどうでしょうか?

祈年祭の日程

  • 外宮「大御饌の儀」AM4:00~(参拝時間外で見学不可
  • 外宮「奉幣の儀」AM7:00~
  • 内宮「大御饌の儀」AM11:00~
  • 内宮「奉幣の儀」PM2:00~

時間は変更になる場合があります。

祈年祭は、2月17日の1日だけで終わるわけではありません

 

2月17日~2月23日1週間は、

別宮、摂社、末社あわせて125社において、

祈年祭のお祭りが執り行われますよ。(規模が凄い!!)

伊勢神宮内宮前 おかげ横丁 ise jinguu naiguu okage yokochou
伊勢神宮内宮前 おかげ横丁 ise jinguu naiguu okage yokochou / bluXgraphics(motorcycle design Japan)=Midorikawa

まとめ

今回の伊勢神宮の2月行事についてはどうでしたか?

内宮の門前町である「おかげ横丁」一帯でも、

祈年祭が行われる2月17日ごろからひなまつりの3月3日まで、

ひなまつりに関する催しが行われます。

 

伊勢神宮へ参拝した後は、是非おかげ横丁によって、

伊勢グルメ、伊勢お土産をゲット!して帰ってくださいね~。

 

また、伊勢神宮へのアクセスについては、

こちら↓ を参考にしてください。

 

大阪から伊勢神宮へ 詳しくは→大阪アクセス

東京から伊勢神宮へ 詳しくは→東京アクセス

特急しまかぜで伊勢神宮へ 詳しくは→しまかぜアクセス

良い伊勢旅行になると良いですね~。


スポンサード リンク




この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す