貧血の原因と症状とは?あなたは大丈夫?


スポンサード リンク

貧血と聞いて女性と男性で、反応が違うと思います。

貧血は女性だけに多い症状と思っていませんか?

 

私も貧血は女性にだけ多いものだと思っていました。

しかし、男性の方は特に貧血に対して注意して欲しいです。

 

なぜなら、女性の場合、

鉄分が欠乏している場合の貧血が多いのですが、

男性の場合は、鉄分が欠乏しているのが

直接の原因で起こる貧血は少ないからです。

 

それよりも、より重い病気のサインとして、

貧血の症状が出ているかもしれないので注意が必要です。

 

今回は、意外に甘く見ることができない

貧血の原因と症状についておさらいしていきましょう~。

 030480

貧血の原因とは?

貧血といっても、それの原因となるものによって、

色々な種類に分かれます。

 

貧血の主な種類

  • 鉄欠乏性貧血
  • 巨赤芽球貧血(きょせきがきゅうひんけつ)
  • 溶血性貧血
  • 再生不良性貧血
  • 続発性貧血

個別に原因をみていきましょう~。

 045051

鉄欠乏性貧血

貧血といわれる状態の中で、最も多いのがこの種類です。

多くの方が、貧血と聞くと、

鉄不足が原因でなると思っているのではないでしょうか?

 

この種類の貧血は、女性に多く、

女性特有の出血、妊娠、出産等が原因でなります。

 

男性が鉄欠乏性貧血になる場合は、

体内の鉄分が少なくなっただけというよりかは、

胃・十二指腸潰瘍、胃がん、大腸ポリープ、

大腸がん、痔等の慢性出血が原因の場合があります。

 

それらの重い病気により、

体内で出血を起こし、貧血を引き起こしているかもしれません。

貧血だと甘く見ずに、早期に重い病気を発見できるよう、

早めの検査を受けた方が良さそうですね。

 

巨赤芽球貧血(きょせきがきゅうひんけつ)

巨赤芽球貧血は、血液中に、

異常に大きい赤血球が出現する貧血です。

ビタミンB12や葉酸の不足が原因で起こります。

 

特にこの種類の貧血は、手足のしびれ

舌の痛みを伴う萎縮、軽度の黄疸等の症状が出るので、

そういう症状が出たら要注意です。

 

溶血性貧血

溶血性貧血は、赤血球の寿命が、何らかの原因で、

正常の期間よりも短くなってしまうために起こる貧血です。

 

そうなると、骨髄で作られる血液(赤血球)よりも、

減っていく赤血球の数の方が多くなるので、

貧血を起こします。

しばしば、黄疸の症状を伴います。

 

再生不良性貧血

再生不良性貧血は、赤血球を作る骨髄そのものが、

障害を受けたりする等が原因で、

赤血球が十分に作られなくなるために起こる貧血です。

 

続発性貧血

続発性貧血は、心臓、肺、腎臓、肝臓等の病気により、

二次的に引き起こされる貧血です。

妊娠によって起こる貧血もこの種類に含まれます。

 

貧血は、上に挙げた5種類のものの他に、

単純に怪我等の出血により多くの血液が

失われた場合にも起こります。

 

次に、貧血の主な症状と、

簡単セルフチェック項目を記していきますね。

 プリント

貧血の症状とは?

貧血の主な症状

  • めまい、立ちくらみがする
  • 動悸や息切れしやすい
  • 頭痛
  • 眠気
  • 食欲不振
  • 疲れやすい
  • 顔色が悪い(青白い)
  • むくみやすい
  • 黄疸がある

 

貧血の主な症状として、上に挙げたものが考えられます。

これらの症状が出たとしても、

すぐに貧血だと断定できるわけではありませんが、

貧血を疑う指標にはなりますね。

 

貧血セルフチェック

  • 現在ダイエットをしている
  • 夕食をあきらかに多く食べる
  • 外食、コンビニ弁当が多い
  • 朝食を抜くことが多い
  • インスタント食品、冷凍食品が多い
  • 爪の色が青白い、白っぽい
  • 朝、なかなか起きられない
  • よく立ちくらみする
  • 体がだるい
  • 顔色が悪い

 

上に挙げたもので複数個、当てはまる人は、

貧血の疑いがあり、現段階で軽症、自覚症状がなくても、

これから症状がひどくなるかもしれないので、

日常生活を改めましょう~。

 

また、現在、貧血の症状がひどい人は、

早めに医療機関を受診することをおすすめします。

 

最初に書いた通り、女性の方も注意すべきですが、

特に男性の方で貧血気味の人は、

より重い病気によって貧血を起こしているかもしれないので。

040561

まとめ

今回の貧血の原因と症状についてはどうでしたか?

個人的には、男性も貧血に注意しないと、

より重い病気を見落とすかもしれないということに、

注目して欲しいですね。

 

今回で、貧血の症状、セルフチェック項目

わかってもらえたと思います。

これで、貧血に注意できますね。

 

朝起きるのが今まで以上につらくなった場合など、

少しでもあれ?っと思ったときは、

貧血を疑っても良いかもしれませんね。

早め早めの対策をしていきましょう~。


スポンサード リンク




この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.