血圧の測り方とは?自分で測るときに知っておきたい注意点は?


スポンサード リンク

血圧は、現在の健康状態を測るバロメーターです。

血圧が高いと生活習慣病を引き起こすリスクを高めてしまいます。

 a0003_001635

しかし、ただ測れば良いというわけでもなく、

正しく測らないと意味がありません

 

今回は、血圧の正しい測り方についておさらいしていきましょう~。

血圧の正しい測り方

血圧は、正しく測り、状態を知ることで、

生活習慣病、心臓、脳、腎臓等の病気を

予防することも出来ます。

 

正しい測り方をマスターして、

日々の健康を手に入れましょう。

測定時のポイント

 

深呼吸をしてリラックスする

血圧には、家庭で測るときの「家庭血圧」と、

病院などで測るときの「外来血圧」があります。

 

外来血圧の方が、緊張しやすいので、

正常血圧の許容範囲が大きく設定されています。

 

それでも、家庭で測る場合は、リラックスしやすいので、

心配はないと思いますが、普段慣れていない所で測る場合は、

血圧の数値に大きく影響するので、

出来るだけリラックスするように心がけましょう。

 a0002_010426

毎日同じ時間帯に測る

血圧は、時間帯、環境等、微妙な違いにも

影響されます。

 

毎日、同じ時間、朝夜1回ずつ測るのが、

基本とされています。

最低でも、朝、血圧を測るのだけは

忘れないようにしたいですね。

 

朝は、起床後1時間以内で、食事や服薬の前

測るのが理想とされています。

 

また、毎日同じ時間帯に測り、

記録をつけることによって、日々の変化に気づき、

いち早く異変に対処することが出来ます。

 

環境を統一する

全て一緒というわけにはいかないと思いますが、

暑すぎたり、寒すぎたりする場所で測ると、

数値に大きく影響するので避けましょう。

血圧計タイプ別の測定の注意点

 

腕に巻くタイプの血圧計

一般的に、血圧を測るのに慣れていない

初心者におすすめなのが、腕に巻くタイプの血圧計です。

 

上腕式といわれるこのタイプは、他のタイプに比べて、

>結果に違いが出にくいのでおすすめです。

 

注意点として、

  • 椅子などにゆったりと座る
  • 肘を台などに乗せ固定する
  • 腕帯を肘関節の内側から1~2cm上にぴったりと巻く
  • 腕帯と心臓の高さを同じにする

腕を通すタイプの血圧計

公共施設や温泉等によくある、

機械に腕を通して自動で測ってくれる

ちょっと大掛かりな血圧計です。

 

家庭では余りお目にかからないと思いますが、

家庭で血圧計を持っていない場合や、

毎日行く施設にこのタイプが設置されている方向けに

注意点を説明します。

 

注意点として、

  • 前かがみにならない
  • 血圧計を手前に寄せる
  • 腕を通した位置と心臓の高さを合わせる

 

大掛かりな機械だけあって、いつもと違った姿勢で

測ってしまうと結果に影響してしまいます。

 

体の負担にならないように無理のない体勢で測りましょう~。

 

手首に巻くタイプの血圧計

最近、手首に巻くだけで血圧が測れるタイプの血圧計が、

多く発売されています。

 

いつでもどこでも手軽に測れるのが特徴ですが、

上腕式がおすすめと書いたように、

このタイプは初心者には余りおすすめしません。

 

なぜなら、このタイプは測り方によって数値が大きく変わり

正しく測れない場合が多いからです。

 

私も、このタイプの血圧計を持っていますが、

少し高さをずらすだけで、血圧が大きく変わります。

 

あくまで目安としてで、ないよりはましですが、

現在血圧計を持っていない人は、

出来れば上腕式を選んで欲しいですね。

 

一応、注意点として、

心臓と手首帯の高さを一緒にする」です。

 

3タイプの血圧計の測り方の注意点として

共通しているのが、測る位置を心臓と同じ高さにすることです。

 

特に、手首タイプは高さで10~20は変わるので、

毎日測るときにじっくりと高さの調整を心がけましょう。

 a1180_004882

血圧は、日々の生活の異変、変化を

私たちに知らせてくれるバロメーターとして利用することが出来ます。

 

健康な状態をこのまま保っていくために、

血圧を正しく測定し、病気の予防に

活かして行きましょう~。


スポンサード リンク




この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す