京都 嵐山で大人気のトロッコ列車とは?


スポンサード リンク

皆さんは、京都といえば何を思い浮かべますか?

 

清水寺、金閣寺、銀閣寺、八坂神社、二条城・・・。

おそらく多くの方がお寺や神社、

お城等を思い浮かべるのではないでしょうか?

 

京都には世界中から観光客を引き寄せる

たくさんの魅力溢れるものがありますが、

それはお寺や神社、お城だけに限ったことではありません。

 

今回は、四季折々の自然が楽しめる嵐山で大人気の

トロッコ列車についておさらいしていきましょう~。

嵯峨野トロッコ列車案内

嵐山といえば、トロッコ列車といわれるほど

有名であり、人気です。

 

なぜなら、先の動画でわかるように、

このトロッコ列車は、保津渓谷の大自然を縫うように走っており、

体全体で嵐山の大自然を感じることができるからです。


大きな地図で見る

 

嵯峨野トロッコ列車は、

トロッコ嵯峨駅~トロッコ亀岡駅まで7.3km

片道約25分の道のりです。

 

短いと思うかもしれませんが、

往復すると約1時間なので十分に自然を楽しめます。

 

また、5号車(通称:ザ・リッチ号)は、

より大自然を楽しめるようにと、

窓ガラスを取り外したオープン車両になっているので、

大変人気を博しています。

a0007_000254

チケット料金・購入方法

チケット料金

チケット料金は、前売り券、当日券共に

片道大人1人600円、小人300円です。

 

トロッコ駅の両終点に移動手段はありますが、

せっかくなので、往復(片道2枚)分購入することをおすすめします。

 

15名以上でチケットを購入すると、「団体割引」を受けられ、

一般団体だと、1割引(大人1人:540円)、

学生割引だと、2割引(大人1人:480円)です。

 

団体割引がお得なのは、料金だけではありません。

 

通常の前売り券だと、乗車日の1ヶ月前から

発車前まで購入することができるのですが、

団体割引チケットは、 乗車日の1年前から

2週間前まで購入することができます。

2週間前を過ぎると、通常の前売り券扱いになるので注意!

 

前売り券を購入していない場合でも、

トロッコ各駅で当日券の販売があります。

 

しかし、当日券は先着順なので、

購入できない事もあるので前売り券を購入しておきたいところです。

 

チケット購入方法

前売り券』は、JR西日本の主な駅の「みどりの窓口」、

全国の主な旅行会社で購入することができます。

 

団体割引券』は、全国の主な旅行会社で購入することができます。

 

当日券』は、トロッコ各駅で、先着順で

当日購入することができます。

 

時刻表

 

下り列車 (トロッコ嵯峨発→トロッコ亀岡行き)

駅名 トロッコ嵯峨 トロッコ嵐山 トロッコ保津峡 トロッコ亀岡
嵯峨野1号 9:07発 9:10発 9:18発 9:30着
嵯峨野3号 10:07発 10:10発 10:18発 10:30着
嵯峨野5号 11:07発 11:10発 11:18発 11:30着
嵯峨野7号 12:07発 12:10発 12:18発 12:30着
嵯峨野9号 13:07発 13:10発 13:18発 13:30着
嵯峨野11号 14:07発 14:10発 14:18発 14:30着
嵯峨野13号 15:07発 15:10発 15:18発 15:30着
嵯峨野15号 16:07発 16:10発 16:18発 16:30着
臨時列車
(嵯峨野81号)
17:07発 17:10発 17:18発 17:30着

上り列車 (トロッコ亀岡発→トロッコ嵯峨行き)

駅名 トロッコ亀岡 トロッコ保津峡 トロッコ嵐山 トロッコ嵯峨
嵯峨野2号 9:35発 9:46発 9:58発 10:01着
嵯峨野4号 10:35発 10:46発 10:58発 11:01着
嵯峨野6号 11:35発 11:46発 11:58発 12:01着
嵯峨野8号 12:35発 12:46発 12:58発 13:01着
嵯峨野10号 13:35発 13:46発 13:58発 14:01着
嵯峨野12号 14:35発 14:46発 14:58発 15:01着
嵯峨野14号 15:35発 15:46発 15:58発 16:01着
嵯峨野16号 16:35発 16:46発 16:58発 17:01着
臨時列車
(嵯峨野82号)
17:35発 17:51発 18:09発 18:12着

引用:嵯峨野観光鉄道

 

基本的に、下り上り共に1時間おきに運行しています。

トロッコ嵯峨駅から乗車した場合、

トロッコ亀岡駅についた後、5分後に上りのトロッコに乗車すれば、

55分で元のトロッコ嵯峨駅に戻ることができますね。

 

ここでの注意は、1時間ごとの運行なので、

当日券を購入しようとして購入できなかった場合、

1時間のタイムロスになってしまうところです。

 

せっかくの観光地なので、

是非、前売り券を購入しておきたいところですね。

アクセス

アクセスについては、電車で行く場合と、

車で行く場合について説明していきます。

 

電車で行く場合

JR京都駅からJR嵯峨嵐山駅まで約15分230円(普通)、

JR馬堀駅まで約25分320円(普通運行)です。

 

JR嵯峨嵐山駅からトロッコ嵯峨駅(下り始発)まで徒歩10分、

JR馬堀駅からトロッコ亀岡駅(上り始発)まで徒歩10分です。

 

車で行く場合(駐車場)

車で行く場合、京都南ICからトロッコ嵯峨駅まで

1時間の距離です。

 

駐車場は、

トロッコ専用駐車場:(営業時間:8:30~17:00

トロッコ嵯峨駅まで徒歩約5分の距離で、

料金は1回利用で時間に関係なく、

3月~7月は平日500円、土日祝は1000円、

8~10月:1000円、11月~12月:1500円です。

 

嵐山市営駐車場:(営業時間:8:00~17:00

料金は通年で1回1000円です。

トロッコ嵯峨駅まで徒歩約20分と少々遠いのが難点ですね。

 

トロッコ亀岡駐車場:(営業時間:9:00~16:00

料金は1回乗用車は500円でバスは無料です。

 

トロッコ亀岡駅からすぐなので、

車で行く場合は、トロッコ亀岡駅から

トロッコ列車を楽しむ方がいいですね。

 

車で行く場合、駐車場は完備されていますが、

数に限りがあるので、特に紅葉等、混雑が予想される時期は、

公共交通機関を利用することをお勧めします。

 a0002_001198

嵐山はトロッコ列車の他にもたくさんの観光、

自然、癒しスポットがあります。

 

一度入ってみたい観光地が行ってみると、

何度でも行きたい観光地になること必至ですね。


スポンサード リンク




この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.