川崎大師 大開帳奉修の日程は?10年に1度の赤札を授かろう!


スポンサード リンク

ご訪問ありがとうございます。

まず、皆さんに質問:「川崎大師と聞いて何を思い浮かべますか?」

 

厄払い、交通安全等のご利益があることで有名、

正月三が日の参拝客数が約300万人を誇り、

全国でも有数の初詣スポットであること等。

 

多くの方々が川崎大師に対して、

上のようなイメージを持っているのではないでしょうか?

川崎大師本堂
川崎大師本堂 / sekido

 

ちなみに、全国ベスト3の初詣参拝客数の寺社仏閣は、

明治神宮、成田山新勝寺、川崎大師ですよ。

 

その川崎大師で今年ものすごい祭事が行なわれることを

皆さんの中で知っている方はいるでしょうか?

 

そのものすごい祭事とは・・・(ドュルドュルドュル(ドラムロール風(笑)))

川崎大師 大開帳奉修』ですね。

 

えっ?そんな祭事知らない?

もちろん知らない方が多いのは当然で、

この祭事は10年に1度しか行なわれないからですね。

 

前回は、2004年に開催されたので、これを読んでくれている方の中で、

もしかしたらその当時、まだ物心ついていなかった方もいるかも。

 

その10年に1度しか行なわれない「大開帳奉修」。

何をするのか、どういうご利益がああるのか、

なぜ10年に1度しか行なわれないのか等々、気になりませんか?

 

そこで今回は、川崎大師 大開帳奉修が気になる方へ、

大開帳奉修とは?、日程・基本情報

参拝したときにもらえる赤札について紹介していきます。

(巻末にはおすすめランチ情報も紹介!)

       目次

  • 川崎大師 大開帳奉修とは?
  • 川崎大師 大開帳奉修の日程・基本情報は?
  • 赤札とは?ご利益がすごいって本当?
  • まとめ(ランチ情報あり)

川崎大師 大開帳奉修とは?

冒頭で触れたように川崎大師について知っていても、

大開帳奉修とは?という方も大勢いると思います。

 

川崎大師 大開帳奉修とは古くは江戸時代から続いており、

川崎大師の御本尊さまが特別にお開帳される祭事です。

 

この期間中には供養を捧げるために、

多くの法要が行なわれる予定です。

 

また、お開帳期間中は、御本尊さまと繋がるお手綱が、

大本堂前の供養塔に作られるので、

これに触れることでよりご利益を享受できるかもしれません。

川崎大師
川崎大師 / Simon Cumming

川崎大師 大開帳奉修の日程・基本情報は?

10年に1度、川崎大師の御本尊さまとより親しく、

縁を結ぶことができる祭事があることはわかった。

 

次は、その日程・基本情報について紹介していきますね。

川崎大師 大開帳奉修の日程・基本情報

  • 大開帳日程:2014年5月1日(木)~5月31日(土)
  • お開帳時間:午前6時
  • お閉帳時間:午後4時
  • お護摩修行時間(午前):6時、9時30分、11時
  • お護摩修行時間(午後):1時、2時30分、4時
  • 住所:神奈川県川崎市川崎区大師町4-48
  • 境内:終日開放
  • 定休日:なし
  • 最寄り駅:京急大師線「川崎大師駅」下車徒歩約8分
  • バス:川崎駅より大師行、大師バス亭下車徒歩約8分
  • アクセス(車):首都高速・川崎線、大師ICよりすぐ
  • 駐車場:無料駐車場あり(収容台数700台)
  • 駐車場利用時間:午前8時~午後5時
  • TEL:044-266-3420

基本情報は変更になる場合があります

大開帳奉修が行なわれるのは、2014年5月の1ヶ月間のみで、

この期間を逃すと次は10年後のご開帳となります。

是非この機会を逃さずに参拝してくださいね。

 

また、5月20日(火)のみ、ご閉帳される時間が『午後7時』までとなり、

お護摩修行時間も最終7時に追加で行なわれるので注意が必要。

 

加えて、最終日の5月31日(土)はご閉帳時間が、

午後2時30分』までとなります。

(通常のお護摩修行の「午後4時」回は行なわれません。)

 

お護摩札の申し込みをしたいときは、

大本堂に向かって右側の「お護摩受付所」で、

申込用紙に必要事項を記入すれば申込できます。

 

お護摩の祈願料は、お護摩「5000円、7000円、1万円」、

大護摩「2万円」、特別大護摩「3万円以上」があります。

皆さんの懐具合と切迫度(笑)に応じて申し込みしてくださいね。

20120721-川崎大師(Kawasaki Daishi)
20120721-川崎大師(Kawasaki Daishi) / Haya_BS

赤札とは?ご利益がすごいって本当?

川崎大師 大開帳奉修について知っている方の多くは、

期間中に限り参拝のときにいただける赤札』があります。

 

期間中に限りということは、今回もらえなければ、

次のチャンスは10年後の2024年ということになりますね。(泣)

 

赤札とは、弘法大師直筆と伝わる「南無阿弥陀仏」の

六号名号を版にして祈願を込めて一枚一枚手刷りされた護符です。

 

この赤札をもらうことができれば、

無量の功徳を授かることができる』という言い伝えがあります。

 

何度も言いますが、10年に1ヶ月間だけしかもらえないというだけで、

すごくご利益がありそうな気がしますね。

 

どうすれば赤札をもらうことができるのか?

赤札は、お護摩修行のとき参拝すると1人つき1枚のみ

いただくことができますが、いつもらえるかわかりません

 

どういうことかというと、1日数回あるお護摩修行の時間の内、

何回かだけ参拝後、赤札をもらえることができます。

 

期間中、毎日赤札をもらえますが、

いつのお護摩修行のときにもらえるか公表していないので、

いつ参拝に行くともらえるかはわかりません。

 

また、お護摩の祈願を申し込んでいない方は、

本堂外で赤札の配布を待たなければいけない上、

行列もできるので長時間待たされる覚悟は必要です。

(お護摩の祈願を申し込んだ方は、本堂内で待つことができます。)

 

赤札をいただく際にお金はかかりませんが、

お気持ちとしていくらか置くとご利益が上がるかも知れません。


スポンサード リンク

 

まとめ

今回の川崎大師 大開帳奉修についてどうでしたか?

10年に1度ということもあり、是非参拝の際には、

赤札』をいただきたいところですね。

 

いつのお護摩修行時間に配布するかわからないので、

長期戦になることが予想されます。

 

そんなとき、精をつけるのにもってこいのランチがありますよ。

私のおすすめランチは『とんQ』(とんきゅう)です。

(住所:川崎市川崎区宮本町5-2、平均予算1500円

 

川崎にある老舗極旨とんかつ店で、

京急川崎駅から徒歩5分ぐらいの川崎市役所の裏辺りにあります。

 

京急川崎大師駅からは3駅なので、

参拝前、参拝後に十分に行くことができますが、

午前中で売り切れになってしまうメニューもあるので注意。

 

絶品とんかつで精をつけて、赤札をいただき、

次の10年後まで突っ走りましょう~!


スポンサード リンク




この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.