大阪 万博記念公園の桜の見ごろは?ライトアップや穴場は?


スポンサード リンク

ご訪問ありがとうございます。

大阪で遊ぶところ、体を動かすところ、自然を楽しむところ等、

レクリエーションスポットと聞いてどこを思い浮かべますか?

 

そりゃ、もちろん『万博記念公園』でしょ。(本当に?(笑))

大多数の方は、大阪でと想像すると、

万博記念公園を思い浮かべるんじゃないでしょうか?

P1070496
P1070496 / yoppy

 

万博記念公園は、その名の通り、

1970年(昭和45年)に開催された大阪万博の会場跡地に作られ、

岡本太郎さんの「太陽の塔」でも有名ですね。

 

6400万人を超える人出を記録したので、

50歳以上の方は記憶にまだ鮮明に残っている方も多いのでは?

 

すごかったですね~。大阪万博。

今日は、その大阪万博について紹介しようと・・・。

 

ち、違います!(語りだすところで危なかった。(笑))

万博記念公園で有名なのは太陽の塔だけではありません

 

自然豊かで広大な敷地もさることながら、

これからの季節で日本人なら皆?楽しみにしているものがありますね。

桜のドーム
桜のドーム / t0k0

 

そうですっ!『桜のお花見』ですね~。

楽しみにしていませんか?(そんなはずはないでしょう~。(泣))

 

万博記念公園には、約2400本のソメイヨシノを中心に、

9種5500本の桜があり、北大阪の名所になっています。

 

毎年桜の見ごろの時期に行なわれる、

万博公園桜まつり」の期間中には20万人の人が訪れ、

大変人気のお花見スポットです。

 

気になってきましたか?万博公園の桜。

そこで今回は、万博記念公園の桜が気になる方へ、

見ごろ、基本情報・ライトアップ、おすすめ穴場スポットについて

紹介していきますね。

         目次

  • 万博記念公園の桜の見ごろは?
  • 万博記念公園の基本情報は?ライトアップは?
  • おすすめ穴場スポットは?
  • まとめ

万博記念公園の桜の見ごろは?

大阪の桜の開花予想は、例年通りにいくと、

3月下旬(3月26日ごろ)に開花し、

4月上旬(4月2日ごろ)に満開・見ごろを迎えます。

 

万博記念公園も3月下旬ごろに開花が予想され、

満開・見ごろは4月初めごろになると思います。

 

気になる「万博公園桜まつり」も毎年3月下旬ごろから、

4月中旬ごろまでの開催となっています。

(2013年は、3月30日~4月14日開催でした。)

 

公園内約5500本の桜が一斉に開花し始め、

満開になった景色は見る者の目を奪いますね。圧巻!

万博記念公園の基本情報は?ライトアップは?

なるほど、万博記念公園の桜の開花、満開・見ごろはわかったし、

敷地内の景色が美しいのも雰囲気はわかった。

 

次は、万博記念公園へのアクセス等について知りたい!

ここからは、万博記念公園の基本情報について紹介していきます。

万博記念公園の基本情報

  • 住所:大阪府吹田市千里万博公園
  • 桜の開花・見ごろ:開花3月下旬、見ごろ4月上旬
  • 桜の種類数・本数:約9種5500本
  • 桜の種類:ソメイヨシノ等
  • 営業時間:9:30~17:00(桜まつり中9:30~21:00)
  • ライトアップ時間:17:00~21:00
  • 休業日:水曜(桜まつり中:無休)
  • 入場料:大人250円(小中学生70円)
  • 最寄り駅:大阪モノレール万博記念公園駅より徒歩6分
  • アクセス(車):中国自動車道中国吹田ICよりすぐ
  • 駐車場:有料あり(1回平日800円、土日祝1200円)
  • 禁止事項火気使用、ペット持込、カラオケ、迷惑行為
  • 売店の数:約9店
  • トイレ:常設約30ヵ所
  • TEL:06-6877-7387(万博公園総合案内所)

基本情報は変更になる場合があります

万博記念公園は、広大な敷地を有するので、

期間中、車で行ったとしても駐車場に停められないということはないです。

その点は安心ですね。(駐車場収容台数:約5300台

 

しかし、駐車場料金が少し高め(特に土日祝)なので、

ふらっと寄ってみるというときは割高になりそう。

 

万博記念公園内には、博物館、民芸館

パビリオン、温泉、パークゴルフ、バーべキューコーナー

おもしろ自転車広場、森のトレイン等、

たくさんの施設があるので1日楽しむ予定を立てると良いかも。

 

これらの体験には、入場料のほかに、

各大人200円~900円の料金が別途かかるので、

その点は注意しておいてくださいね。

IMG_0612
IMG_0612 / VARDIGA

おすすめ穴場スポットは?

桜に囲まれながらレクリエーションを体験したり、

国立民俗学博物館内にはレストラン(ちょっと割高?)もあり、

加えて温泉(中にレストランもあります)も楽しめる。

 

万博記念公園は、1日滞在しても

飽きることはないほど充実していますね。

 

しかし、せっかく桜の季節に行ったのであれば、

ゆっくり桜も堪能したい!そう思いませんか?

そんなあなたにおすすめのお花見穴場スポットを紹介。

 

そのおすすめお花見穴場スポットは、

太陽の塔が望める超王道スポットの「東大路」をそのまま突っ切り、

太陽の塔の裏手にある『梅林の中』です。

 

梅はもう散ってしまっているのですが、

この梅林の中にも桜の木がそびえており、

東大路にお花見客は集中するのでここにはあまり人は来ません。

 

ゆっくりしっぽりお花見ができるので、

お弁当等を持参して楽しんでも良いですね。

 

王道で雄大な桜の景色を堪能したいときは、

迷わず「東大路」に場所取りしましょう。


スポンサード リンク

 

まとめ

今回の万博記念公園の桜についてどうでしたか?

車で行こうと思っている方には不必要な情報かもしれませんが、

万博記念公園から南に7km(車で15分)ぐらい行ったところに、

アサヒビール吹田工場』があります。

 

このアサヒビール吹田工場では、

無料で試飲ができるので(おつまみ付き)、

大変人気があるスポットです。

 

未成年者にはソフトドリンクを出してくれるので、

子供連れにも安心です。

 

予約は3ヶ月前からでき、電話予約のみ行なっているので、

併せて訪れてみてはいかが?(吹田工場TEL:06-6388-1943

 

もちろん、車で行かれる方は『飲酒運転は絶対にダメ』なので、

工場見学はご遠慮ください。


スポンサード リンク




この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す