大阪城公園の桜の開花や見ごろは?ライトアップは?


スポンサード リンク

ご訪問ありがとうございます。

春になってくるとあれが恋しくなりますね~。

そうです!あれですよ~。(笑)

 

お花見の下で「どんちゃん騒ぎ~」ですね。

ち、違います!その前の『お花見』です!(汗)

 

春+お花見」といえばもちろん『』ですが、

大阪の桜の名所といえばどこを思い浮かべますか?

天守閣
天守閣 / Richard, enjoy my life!

 

大阪造幣局の桜の通り抜け」「桜ノ宮公園」等、

多くの桜の花見スポットがあると思いますが、

やはり『大阪城公園』はどうでしょうか?

 

大阪のシンボルといっても良い「大阪城」のお膝元、

大阪城公園の桜は有名ですね。

 

桜の季節には、約3000本のソメイヨシノ、

ヤマザクラ等が咲き誇り、その景色は圧巻の一言!

 

公園内には大阪城ホール音楽堂もあるので、

馴染みがある方も多いかもしれませんが、

この時期は是非訪れて欲しいスポットです。

 

気になってきましたか?大阪城公園の桜~。

そこで今回は、大阪城公園の桜について知りたい方へ、

桜の開花・見ごろ、大阪城公園の基本情報・ライトアップ

おすすめ花見スポットについて紹介していきますね。

       目次

  • 大阪城公園の桜の開花や見ごろは?
  • 大阪城公園の基本情報・ライトアップは?
  • おすすめ花見スポットは?
  • まとめ

ちなみに、「大阪造幣局の桜の通り抜け」について

詳しくはこちら↓ を参考にしてくださいね。

大阪造幣局の桜の通り抜け2014はいつから?

大阪城公園の桜の開花や見ごろは?

例年通りにいくと、大阪の桜の開花は3月下旬ごろで、

見ごろは4月上旬ですね。

 

大阪城公園でも開花は3月下旬、25日ごろで、

4月初めから7日ごろまでが見ごろとなっているので、

この辺りにお花見を計画すると良いかもしれませんね。

 

また、見ごろの時期には「西の丸庭園」で、

観桜ナイター』という夜桜ライトアップが行なわれます。

 

入場料(庭園のみ:350円)がかかりますが、

昼の顔と夜の顔では桜の景色がガラッと変わるので、

是非両方とも楽しんでくださいね。

大阪城公園の基本情報・ライトアップは?

ここからは大阪城公園の基本情報

西の丸庭園のライトアップ情報について紹介していきます。

大阪城公園の基本情報・ライトアップ

  • 住所:大阪府大阪市中央区大阪城
  • 桜の見ごろ4月上旬
  • 桜の本数:約3000本(西の丸庭園に約300本)
  • 桜の種類:ソメイヨシノ、ヤマザクラ、サトザクラ等
  • 西の丸庭園観桜ナイター開催日程:4月上旬
  • 観桜ナイター料金:大人350円(中学生以下、無料)
  • 観桜ナイター開催時間:日没~20:00(入園~19:30)
  • 売店の数:7店舗
  • トイレの数:常設18ヶ所/仮設が数ヶ所
  • 大阪城公園休業日:なし(西の丸庭園は月曜日)
  • 駐車場:あり(1時間350円:収容台数300台)
  • 最寄り駅:地下鉄「谷町四丁目駅」から徒歩5分
  • アクセス(車):阪神高速13号「法円坂出入り口」すぐ
  • TEL:06-6941-1144(東部方面公園事務所)

基本情報は変更になる場合があります

大阪城公園の敷地は大変広く、

公園内にある約3000本の桜景色は圧巻ですね。

 

公園内に入場するのは基本的に無料なので、

マラソン等、運動する人が日ごろからたくさんいます。

 

広大なせいもあって、電車で行く場合、

天守閣までは最寄り駅の地下鉄「谷町四丁目駅」、

JR「大阪城公園駅」等から約500m以上は歩きます。

 

こんなに歩かないといけない?と思わず、

桜の景色を楽しみながらゆっくりしてくださいね。

 

また、是非訪れて欲しい「西の丸庭園」へは、

「谷町四丁目駅」の方が、「大阪城公園駅」よりも近いので、

上記基本情報に最寄り駅としました。

 

気になる西の丸庭園「観桜ナイター」の日程ですが、

2014年の日程はまだ発表しておらず、

発表後、記事の更新をしたいと思います。

 

ちなみに2013年の開催期間は、

4月4日(木)~4月10日(水)(荒天中止)でした。

DSC05161
DSC05161 / Richard, enjoy my life!

おすすめ花見スポットは?

大阪城公園のお花見で禁止事項があります。

それは、バーベキュー等の火気厳禁と、

『場所取り』の禁止です。

 

火気厳禁、場所取り禁止ですが、宴会は『』(笑)なので、

節度を持ったどんちゃん騒ぎはOKということですね~。(喜)

 

おすすめお花見スポットとしては、

もちろん「西の丸庭園」は1番おすすめです。

 

そこは行くとして、個人的にお気に入りな場所は、

内濠(うちぼり)の橋を渡り、大阪城の石垣のすぐ横を通ってから、

売店等がある広場に行くのですが、その場所です。(笑)

 

わかりにくいですね・・・。

なぜその場所が良いのかというと、内濠の中はだんだん高くなり、

上っていくような仕組みになっているのですが、

その「すぐ横の場所」は、西の丸公園の桜を眼下に見下ろせるんですね

 

桜を下から見上げるのも良いですが、

高いところから見下ろせるとまた違った良さが味わえます。

 

大阪城天守閣から見下ろせば良いんですが、

天守閣には金網が掛かっていたり、

登るのに大人1人600円かかるのでそれを払うのであれば、

西の丸庭園に入場した方が良い気がします。


スポンサード リンク

 

まとめ

今回の大阪城公園の桜の見ごろについてはどうでしたか?

前章では、大阪城天守閣に登るぐらいならと書きましたが、

入場料を全然気にしないのであれば、

西の丸庭園、大阪城天守閣の両方とも入ることをおすすめしますよ。

 

私が初めて大阪城公園を訪れたときに、

天守閣に登るのにお金がかかるの?と驚いた記憶があるので。

(600円が高いか安いかは別として。)

 

また、大阪城公園には本当に大阪?というような

雄大で広大な自然が広がっているので、

気持ちが大きくなってお花見のときに飲みすぎないでくださいね


スポンサード リンク




この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.