住吉大社への初詣!混雑状況は?回避するには?


スポンサード リンク

大阪で初詣に行くところといえば・・・?

そうです!住吉大社ですね。

 

全国2000社以上ある住吉神社の総本社として

信仰を集めている大阪の『住吉大社』。

 

正月三が日の参拝者数は約250万人!を誇り、

全国でも有数の初詣スポットとなっています。

どんな感じなのかはこちら↓ を見てください~。

どうですか?もうわんさかって感じですね~。

覚悟して初詣に行きますか?

でもな~、正月から人混みにもまれるのは勘弁して欲しい・・・。

 

そこで今回は、住吉大社へ初詣に行かれる方へ、

初詣基本情報混雑を回避する方法について紹介していきます。

          目次

  • 住吉大社 初詣の混雑状況は?
  • 住吉大社 初詣基本情報は?
  • 混雑を回避するためには?
  • まとめ

住吉大社 初詣の混雑状況は?

冒頭で見てもらった映像でもわかると思いますが、

住吉大社の例年、正月三が日の初詣参拝者数は、

250万人!を誇っています。

 

あっちを見てもこっちを見ても人、人、人状態ですね。

特に大晦日の日付が変わる頃から元旦にかけては、

もう手がつけられないほど混雑しています。

 

この時間帯に初詣に行くことを考えているのであれば、

相当の覚悟をしてから参拝してくださいね。

その分、一体感を感じることができますが・・・。(笑)

住吉大社
住吉大社 / cyesuta

住吉大社 初詣基本情報は?

気になる住吉大社の基本情報について紹介していきましょう。

初詣期間は、通常時と開門時間が変わってくるので、

しっかりと事前準備をしてから出かけてくださいね。

住吉大社 初詣基本情報

  • 12月31日22:00~1月1日22:00
  • 1月2日、3日6:00~21:00
  • 1月4日、5日6:00~18:00
  • 1月6日6:00~17:00
  • 1月7日~(通常6:30~17:00)
  • 住所:大阪府大阪市住吉区2-9-89
  • 最寄り駅:南海本線住吉大社駅から徒歩3分
  • 駐車場:有料(正月期間中は駐車不可
  • TEL:06-6672-0753
  • 正月露店:1月5日ぐらいまで出店あり

基本情報は変更になる場合があります。

大晦日は、17時に一旦、閉門されますが、

22時からまた開門され、1月1日22時まで終日開いています。

 

また、住吉大社の駐車場は、

正月期間中は大変混雑することもあり、

駐車不可になるので注意してくださいね。

 

周辺で交通規制も行われる予定なので、

公共交通機関を利用して参拝するのが良いと思います。


スポンサード リンク

 

混雑を回避するためには?

住吉大社への初詣参拝で、一番混雑するのは、

大晦日のカウントダウンぐらいから午前3時頃です。

 

この時間帯、住吉大社へ向かう電車の中は、

満員電車並かそれ以上?になりますよ。(東京レベル?)

 

さすがにここまで書いて、その時間帯に初詣に行かれる方は、

もう引き止めません。(笑)存分に楽しんできてくださいね。

 

そんな人混みがイヤで、正月三が日に初詣に行きたい!という方は、

1日~3日の16時以降に参拝するのがおすすめです。

 

これ以降の時間帯になると、人混みは緩和され、

比較的スムーズに参拝することができますよ。

特に1月3日は、1日、2日に比べて空いています。

 

通常は17時で閉門されますが、

正月三が日は閉門時間が大幅に延長されているので、

いつもなら閉まっている時間に参拝できる

お得感?も味わうことができますね。

大阪-住吉大社
大阪-住吉大社 / chou_i_ci

まとめ

今回の住吉大社の初詣についてはどうでしたか?

初詣は正月三が日に参拝したいという方は多いと思います。

 

しかし、住吉大社は、1月4日13時頃~『踏歌神事』(とうかしんじ)、

1月7日11時頃~『白馬神事』(あおうましんじ)が行われます。

 

踏歌神事は、五穀豊穣を祈る儀式で、

福の餅」といってもらうと一年の幸運が授かるといわれる、

紅白のお餅がもらうことができます。

 

白馬神事は、国家安泰をお祈りした後、

白馬(あおうま)が第一~四本宮の周囲を駆け巡ります。

 

白毛の馬を「あおうま」と呼び、1年の初めに見ると、

その年は無病息災となるといわれ、縁起が良いです。

 

正月三が日以外にも見どころ満載の住吉大社、

1月10日には大阪最古のえびす祭りえべっさん」も

開催されるので是非、初詣に参拝しましょう~。


スポンサード リンク




この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す