京都 東山花灯路2015の日程は?見どころは?


スポンサード リンク

ご訪問ありがとうございます。

最近はお日様の出る昼間の時間はぽかぽかと温かく、

冬の寒さは少し和らいできたような気がしますね。

 

春の足音が聞こえてきてはいますが、

まだまだ夜は肌寒いです。

 

そんな3月に京都で開催される、

ライトアップイベントを知っていますか?

 

えっ、知らない!?(大げさなリアクション。(笑))

もちろん、知らない人もいると思いますが、

京都で毎年3月に開かれる『東山花灯路』ですね~。

 

2013年の東山花灯路の様子はこちら↓

どうですか?綺麗ですよね~。(京都の雰囲気がまた良いっ!)

 

歴史あふれる東山界隈の夜が一斉にライトアップされます。

円山公園、八坂の塔、産寧坂・・・、

東山の観光スポットを挙げるときりがないほどですね。

 

気になってきましたか?東山花灯路~!

そこで今回は、東山花灯路2015が気になる方へ、

日程・基本情報、見どころについて紹介していきます~。

           目次

  • 東山花灯路2015の日程・基本情報は?
  • 東山花灯路2015の見どころは?その1
  • 東山花灯路2015の見どころは?その2
  • まとめ(周辺のデートにおすすめグルメを紹介~!)

東山花灯路2015の日程・基本情報は?

もちろん清水寺を始め、東山界隈は、

昼間訪れたとしても十分に楽しめることができますが、

この期間限定でライトアップされた姿はまた一味違いますよ。

 

そんな東山花灯路2015の日程・基本情報について

わかりやすく紹介していきますね~。

東山花灯路2015の日程・基本情報

  • 開催日程:2015年3月6日(金)~15日(日)
  • 点灯時間18:00~21:30
  • 開催場所:京都府京都市東山区界隈
  • 交通アクセス①:JR京都駅から市バスで約15分で清水寺
  • 交通アクセス②:祇園四条駅から徒歩9分で八坂神社
  • 交通アクセス③:地下鉄・東山駅から徒歩11分で青蓮院
  • 駐車場:周辺にいくつもありますが大変な混雑です
  • TEL:075-212-8173(花灯路推進協議会事務局)

日程・基本情報は変更になる場合があります

東山花灯路は毎年多くの方が訪れる大人気イベントです。

そのため開催期間中は大変に混雑するので、

行かれる方は、十分に注意してくださいね。

 

特に、で行こうと思っている方は、

東山区周辺にはたくさん駐車場ありますが、

たぶん、どこも停められないと思います。(泣)

 

できれば、公共交通機関を利用していくのが得策ですが、

どうしてもという方は、京都市中京区六角辺り(徒歩30分圏内)の

少し離れたところに車を停めてそこから向かったほうが良いかも。

 

また、電車で行こうと思っている人は、

まず地下鉄・東山駅が一番近いので、そこから行こうと思うかもしれませんが、

東山駅から青蓮院への道筋が一番混雑します。(注意!)

 

点灯開始時間の18:00ごろから時間を少しずらして行くか

清水寺や八坂神社の方から散策した方が混雑を避けられますよ。

八坂神社
八坂神社 / Richard, enjoy my life!

東山花灯路2015の見どころは?その1

東山花灯路の一番の見どころは、

青蓮院、知恩院、八坂神社、圓徳院、高大寺

法観寺(八坂の塔)、清水寺等の寺社仏閣のライトアップですね。

 

普段も良い景観で私たちを迎えてくれますが、

期間限定でライトアップされた姿は、

荘厳さが一層増しますね。(是非ご覧あれ~。)

 

しかし、気をつけなくてはいけないのは、

京都のお寺や神社は1ヶ所1ヶ所で『拝観料』が必要ということ。

(何箇所も行くと意外にバカにならない額になりますよ。)

 

上に挙げた寺社仏閣の拝観料は、

大人400円(清水寺等)~1000円(知恩院)と、

見る価値は十二分にありますが、全部見ると・・・。

 

この際だから全部見るという方以外は、

ココっ!と決めてから見に行くとお得に楽しめるかも。

 

おすすめは『知恩院』ですね。国宝の知恩院三門では、

プロジェクションマッピング「幻想の灯り」が開催されます。

 

開催期間中の18:30~21:15(14日のみ19:30~)で、

国宝の知恩院三門を贅沢にスクリーンとして、

3Dプロジェクションマッピングが上映されます。(1回のショーは約15分ほど)

 

知恩院の夜間拝観料は大人1000円(小中生500円)と、

先に挙げた寺社仏閣で一番高いですが、

おすすめを一つと言われればここを推しますね。

東山花灯路2015の見どころは?その2

東山花灯路の見どころとして次におすすめしたいのは、

なんといっても『いけばなプロムナード』ですね。

 

京都いけばな協会の尽力により、東山地区の花の路沿い10箇所で、

ライトアップされたボリューム感のある「いけばな作品」を観賞可能!

 

普段、花とは無縁の方でも「東山+ライトアップ」で、

もしかしたら華道に目覚めるかもしれませんよ。(笑)

 

また、「円山公園」では『現代いけばな展』も開催しているので、

花好きな方だけでなく、え~、花?という方も、

一度是非、足を運んでみてくださいね。(美しさに惹き込まれます。)

ボロネーゼ
ボロネーゼ / Yuya Tamai

まとめ

今回の東山花灯路2015についてはどうでしたか?

京都好きとしては、ライトアップされた東山も良いですが、

普段の東山も是非訪れて欲しいですね。

 

また、清水寺のライトアップは拝観料が安い(大人400円)ので、

是非、清水の舞台を堪能してください。

 

清水寺の近くというか参拝経路の中にある、

京都地主神社』の恋みくじは訪れたとき、

是非、引いてみてくださいね。(大吉期待~!!)

 

京都でも有名な縁結びスポットなので、

恋占いの石』にもチャレンジしては。

(何、それ?って。それは行ってみてのお楽しみ~。(笑))

 

また、ライトアップされた京都でデートなんて考えている方もいるのでは?

そこで、ここからはデートにおすすめの周辺グルメを紹介~!

まさに、今回の裏テーマですね。(ちょっぴり奮発!)

 

おすすめは、地元食材を使ったイタリアンが楽しめる『京都 ネーゼ』。

京都ネーゼは、京都市中京区三条木屋町上ル三軒目(ビル3F)にあり、

京阪三条駅から徒歩約3分の距離にあるお店。

 

東山花灯路の界隈、八坂神社からでも徒歩約20分ほどなので、

ゆっくり散策しながらお店に向かうことも十分出来ますね。

アットホームな店内ではほっこりしながら美味しい料理に舌鼓なんて。(嬉)

 

このお店には決まったコース料理はなく、

アラカルト(単品)での注文が主ですが、

予約時(前日まで)に伝えればコース仕立てでの注文も可です。

 

しか~し、アットホームなだけあって席数は16席と少なく、

ここぞというときは必ず予約をしてから訪れてくださいね。

 

京都ネーゼの営業時間は、18:00~24:00

定休日は日曜日(不定休なので要確認)、平均予算1人7000円ほど。

 

地元の旬の食材を使った料理を提供しているので、

どんな料理が出てくるのかということも楽しみの一つ。

美味しい料理でデートを成功させてくださいね~。


スポンサード リンク




この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す