本屋大賞2015の発表はいつ?ノミネート作品や受賞予想は?


スポンサード リンク

ご訪問ありがとうございます。

皆さんは日頃から本を読んでいますか?(ドキッとしたそこのあなたっ!(笑))

 

活字には触れているけど、仕事で、学業ばかりで、

純粋に本は読んでいないな~という方も多いはず!

たまにはゆっくり本を読みたいですよね~。(嬉)

本棚
本棚 / akaitori

 

そんな本離れが叫ばれている昨今、

本屋の書店員さんが「この本を売りたいっ!」と思う本を選ぶ賞が

あることを知っていますか?(本のプロが選ぶというところがミソっ!)

 

本のプロである書店員さんが推している本と聞くと、

日頃、本を読んでいない人でも興味が沸いてきませんか?

 

その賞とは、『本屋大賞』です!(今年で12回目の開催)

本屋大賞は、全国の書店員さんが純粋に売りたいと思った本を選び、

その大賞を決定しようというところから始まりました。

 

2015年の今年は、461書店580人の投票により、

上位10作品がノミネート作品に選ばれました。(おぉ~。)

 

まぁまぁ気になってきましたか?本屋大賞っ!

そこで今回は、本屋大賞2015が気になる方へ、

大賞発表日、ノミネート作品、どの作品が大賞を獲得するかについて

わかりやすく紹介していきますね。

         目次

  • 本屋大賞2015の発表はいつ?
  • 今年のノミネート作品一覧
  • どの作品が大賞を獲得するか大胆予想!
  • まとめ

本屋大賞2015の発表はいつ?

本屋大賞は、2004年に設立された文学賞で、

今年で12回目の開催になります。

 

本屋大賞は、一般的な文学賞とは異なり、

全国の書店員の投票によって大賞が決定されるところが特徴。

 

全国書店員が選んだいちばん!売りたい本』をキャッチコピーに、

いろんなしがらみに関係なく大賞が決定されるのが面白い!

 

今年の大賞発表は、『4月7日(火)』に予定されています。

どの作品が大賞を獲るか楽しみですね。

 

2014年本屋大賞は、2013年12月1日~2014年11月30日の間に刊行された

日本の小説を対象にしており、

全国書店員の1次投票、2次投票を経て大賞が決定されます。

 

過去の大賞獲得作品は、『博士の愛した数式』『夜のピクニック』、

東京タワー』『一瞬の風になれ』『ゴールデンスランバー』、

告白』『天地明察』『謎解きはディナーのあとで』『舟を編む』、

海賊とよばれた男』『村上海賊の娘』(年代順)となっています。

今年のノミネート作品一覧

この章では2015年の本屋大賞ノミネート作品について

わかりやすく紹介していきますね。

2015年の本屋大賞ノミネート作品一覧

  • アイネクライネナハトムジーク』伊坂幸太郎/幻冬舎
  • 怒り』吉田修一/中央公論新社
  • 億男』川村元気/マガジンハウス
  • キャプテンサンダーボルト』阿部和重・伊坂幸太郎/ 文芸春秋
  • サラバ!』西加奈子/小学館
  • 鹿の王』上橋菜穂子/角川書店
  • 土漠の花』月村了衛/幻冬舎
  • ハケンアニメ!』辻村深月/マガジンハウス
  • 本屋さんのダイアナ』柚木麻子/新潮社
  • 満願』米澤穂信/新潮社

五十音順、敬称略

『作品名』作者/出版社の順で明記しています

どの作品が大賞を獲得するのか楽しみですね。

次の章で私なりの大賞受賞作品の予想を紹介していきます。

PhoTones Works #3038
PhoTones Works #3038 / PhoTones_TAKUMA

どの作品が大賞を獲得するか大胆予想!

過去の本屋大賞受賞作品は、2013年の『海賊とよばれた男』、

2014年の『村上海賊の娘』を除くと、

全ての作品で映画化、又はTVドラマ化されています。

 

そういうのも加味して、

私が推したい今年の本屋大賞獲得作品、

第一候補は、川村元気さんの『億男』ですね。

 

川村元気さんは、「世界から猫が消えたなら」に続き、

今作品で2作連続で本屋大賞にノミネート(2013年8位)されています。

 

電車男」「モテキ」「宇宙兄弟」等を手がけた映画プロデューサーだけあって、

この作品と出合った時「映画化されるな、たぶん」と思ってしまいました。

 

内容:『弟の借金を肩代わりし妻子との幸せを失った図書館司書。

その平凡な男に突如、3億円という大金が入ってきます。

さて、彼はこの大金をどうするのか?』

 

主人公の行動と共に「お金」について考えさせられ、

自分ならどうする?的な場面も多数あるので楽しめますね。

 

興味のある内容のせいもあってすでに15万部突破!

(前作も70万部超のベストセラーだったのでもうすごいとしか・・・。)

 

川村さんは、上記の他にも「寄生獣」「悪人」「告白」「陰日向に咲く」等、

多くの作品でプロデューサーとして活躍しているので、

なんかその勢いそのまま本屋大賞も獲ってしまいそうな予感?(全部観てる・・・。)

 

次に、本屋大賞獲得候補として挙げたいのは、

こちらも第152回直木賞受賞した『サラバ!』ですね。(読みました?)

 

「サラバ!」は直近の2015年1月15日発表の直木賞を受賞し、

その効果もあってかすでに発行「24万部」を突破しています。

 

1977年5月、イランで生まれた圷歩(あくつあゆむ)を主人公に、

イラン、大阪、エジプト・・・を舞台に読み応えある長編小説となっています。

 

作者の西さんも1977年イラン・テヘラン生まれで、

大阪、エジプト等で幼少期を過ごしており、

ジェットコースターに乗っているようなストーリー展開は実話?

 

次に、本屋大賞獲得候補作に挙げたいのは、

柚木麻子さんの『本屋さんのダイアナ』です。

 

気づいた方もいるかもしれませんが、

柚木さんの作品は昨年の第11回本屋大賞にもノミネートされています。

 

昨年のノミネート作品「ランチのアッコちゃん」は、

投票結果7位(221点)となり受賞を逃しました。

 

そういうこともあり、今年こそは大賞受賞してくれるのではないかと期待し、

『本屋さんのダイアナ』を第3予想に推してみます。

 

内容:『自分の全てを否定していた「大穴」(ダイアナ)が、

本の力と彩子の存在によって初めて自分を受け入れ、

そして、自分の事を好きになることができるようになる物語。』

 

現代風「赤毛のアン」と銘打っているだけあって、

大人になっていく二人の少女の物語に共感できる方も多いのでは?

Kichijoji / 吉祥寺 #09
Kichijoji / 吉祥寺 #09 / marumeganechan

まとめ

今回の本屋大賞2015についてはどうでしたか?

どの作品が大賞を受賞するのか4月7日が本当に待ち遠しいですね。

皆さんはどの作品が大賞に輝くと予想しますか?

 

まだまだ時間はたっぷりあるので、

ノミネート作品でまだ読んでいない作品があれば、

書店等で手にとって「これが受賞するかも」と思いながら、

読んでみるのも面白いかもしれませんよ。

 

私もノミネートされた10作品全部は読めてはいないので、

大賞発表するまでの間、手にとってみたいと思います。

(もしかしたら、大賞予想が変わるかも?)


スポンサード リンク




この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す