マンガ大賞2015の発表はいつ?ノミネート作品は?受賞予想!


スポンサード リンク

ご訪問ありがとうございます。

皆さんは日頃、漫画を読みますか?好きな漫画がありますか?

漫画はもう日本の文化を代表するといっても過言ではないと思います。

 

海外でも日本の漫画・アニメは、広く認識されており、

クールジャパン」の筆頭と言えるんじゃないでしょうか?

 

その漫画作品が不朽の名作(言いすぎ?)になるための登竜門、

そんな賞レースがあることを知っていますか?(嬉)

 

そうですっ!『マンガ大賞』ですね。(知っていました?)

まだ知らない人が多いかもしれませんが、

マンガ大賞は今年で8回目の開催~。

京都国際マンガミュージアム
京都国際マンガミュージアム / Kentaro Ohno

 

文学作品だと「直木賞」「芥川賞」等、お笑いや俳優だと○○新人賞に当たる?

まだまだ若い作品が対象となっているので、

今から追いかけているとブームに乗り遅れずにすみますよ。(笑)

 

マンガ大賞は、2008年に初めて開催され、

2015年の対象発表で第8回目になります。

 

過去に受賞した『』『ちはやふる』『テルマエ・ロマエ』、

3月のライオン』『銀の匙』『海街diary』『乙嫁語り』。

 

受賞したことは知らなかったとしても読んだことがある作品はありませんか?

今年はどんな作品が大賞を獲得するのでしょうか?(楽しみですね。)

 

気になってきました?マンガ大賞っ!

そこで今回は、マンガ大賞2015が気になる方へ、

発表日、ノミネート作品、どの作品が受賞するのかの予想について

わかりやすく紹介していきますね。

        目次

  • マンガ大賞2015の発表はいつ?
  • 今年のノミネート作品一覧
  • どの作品が受賞する?予想してみよう!
  • まとめ

マンガ大賞2015の発表はいつ?

マンガ大賞は、『友達に勧めたくなる漫画』をコンセプトに、

毎年、前年の1月1日~12月31日に出版された、

単行本の最大巻数が8巻までの作品を対象にしています。

 

なぜ8巻までなの?という疑問もあると思いますが、

それは審査員が読むのが大変だから・・・。

 

ではなく(笑)、単行本8巻というと、

出版ペースが速い週刊連載作品だと約2年で到達する巻数です。

 

マンガ大賞の目的はあくまでまだ知られていない面白い作品を

多くの人に知ってもらおうというものなので、

それ以上の巻数だと、もう認知されているのでは?(だから8巻まで。)

 

何十巻と続く漫画作品もある中、

8巻までというのはまだまだ成長途上といっても良い作品群ですね。

 

2015年の大賞発表は、『3月26日(木)』(予定)に、

ニッポン放送イマジンスタジオにて授賞式が開催予定です。

(授賞式を持って大賞作品を発表予定)

 

今年の大賞選考は、選考委員がノミネートされた14作品の中から、

上位3作品を選び、その順位によってポイントを付与し、大賞を決定!

(1位:3p、2位:2p、3位:1p)

今年のノミネート作品一覧

今年のマンガ大賞、ノミネート作品が気になってきていると思うので、

早速、紹介していきます。

マンガ大賞2015:ノミネート作品一覧

  • イノサン』坂本眞一
  • 王様達のヴァイキング』さだやす
  • かくかくしかじか』東村アキコ
  • 』松浦だるま
  • 月刊少女野崎くん』椿いづみ
  • 聲の形』大今良時
  • 子供はわかってあげない』田島列島
  • ドミトリーとみきんす』高野文子
  • BLUE GIANT』石塚真一
  • 宝石の国』市川春子
  • ボールルームへようこそ』 竹内友
  • 僕だけがいない街』 三部けい
  • 僕のヒーローアカデミア』 堀越耕平
  • 魔法使いの嫁』 ヤマザキコレ

『作品名』、作者の順に明記しています

どの作品が受賞するのでしょうか?楽しみですね。

私の予想は、次の章で紹介していきます。

マンガ本棚
マンガ本棚 / Yuryu.

どの作品が受賞する?予想してみよう!

マンガ大賞を面白くさせている?予想を難しくさせている理由の一つに、

最大巻数が8巻までという若い作品の中から選ぶことがあると思います。

 

そうだとしたら、どうして難しくなるのかというと、

まだまだこれから人気作になる可能性はあるけど、

今はまだ可能性の段階だからということですね。

 

そして、マンガ大賞の面白いところは、

ノミネート対象は最大巻数8巻ということなので、

来年、再来年にまだ8巻未達であればまた候補作になる可能性もあるところ。

 

今年惜しくも受賞を逃したとしても来年受賞なんてことも。

昨年の「乙嫁語り」も3度目のノミネートで大賞受賞しましたよ。

 

また、まだ記憶に新しい方もいるかもしれませんが、

月刊少女野崎くん」は2014年7月期からアニメ放送され、

もう人気漫画と言っても良いかもしれませんね。

 

今年ノミネートされた作品の中で、

私が大賞予想筆頭に挙げるのは『BLUE GIANT』です。

 

2008年、マンガ大賞の第1回目の大賞受賞作『』の作者、

石塚真一の作品がBLUE GIANTです。

 

岳は小栗旬さん主演で映画化もされた人気作品で、

私もとても好きな作品です。(心理描写が抜群。)

 

岳は「山岳救助」の物語でしたが、

BLUE GIANTは一転、ジャズが題材となっています。

 

ジャズに魅せられた一人の少年が、

世界一のジャズプレーヤーを目指し成長していく物語。

(頑張る姿、心情を表す表情等、独特の画力がありますね。)

 

次に、大賞獲得予想に挙げるのは、

聲の形』(こえのかたち)ですね。(ある意味問題作?)

 

障害を持った少女、そのいじめの中心人物だった少年、

その2人の触れ合いを描くという難しい?作品。

 

この作品は2008年のマガジン新人漫画賞で入選を受賞するも、

そのテーマ・内容の際どさから雑誌掲載が一度は見送られました。

 

しかし、編集者のこの作品を届けたいという思いから、

関係各所の協力を得て雑誌掲載されると大反響を呼び、

2014年12月「このマンガがすごい!2015」オトコ編第1位を獲得!!

 

アニメ化も決定しており、勢いはありますね。

現在、7巻まで単行本が出ているので大賞受賞チャンスはこれがラスト。

 

次に、大賞獲得を予想する作品は、

僕のヒーローアカデミア』ですね。

 

作者の堀越耕平さんは過去に少年ジャンプで、

逢魔ヶ刻動物園」を連載しており実力は十分ですね。

 

そして、僕のヒーローアカデミアは、

昨年の週刊少年ジャンプ32号より連載開始され、

まだ2巻しか出ていませんが、ヒーローと付くだけあって「王道」。

 

随所にアメコミ要素も散りばめられているので、

王道ジャンプマンガが読みたい方にはうってつけ。

まだ2巻なので、今年、来年にも大賞チャンスはありますね。

本棚2003
本棚2003 / Yuryu.

まとめ

今回のマンガ大賞2015についてはどうでしたか?

個人的には、BLUE GIANTに大賞獲得して欲しいのですが、

本当に面白い作品ばかり。(悩むな~。)

 

どの作品が大賞獲得してもおかしくはないと思いますが、

皆さんはどの作品が大賞になると思いますか?

(また、大賞を獲ってほしいですか?)

 

また、マンガ大賞は出版関係者が選ぶ賞ではなくて、

書店員を中心とした日頃から漫画に接している人たちによって、

投票、選考されるので実力が反映される賞だといえるのではないでしょうか?

 

どの作品が大賞を受賞するか楽しみですが、

大賞発表される3月26日までまだ読んでない作品があれば、

是非、書店等で手にとって読んでみてくださいね


スポンサード リンク




この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す