箱根駅伝2015の日程は?出場校は?優勝校を大予想!


スポンサード リンク

ご訪問ありがとうございます。

年末年始は何かと気持ちが高揚したり(嬉)、

いつもと違う「非日常」を楽しみにしている方も多いと思います。

今年も良い一年になると良いですね~!

 

皆さんの年始の楽しみはなんですか?

帰省している人も多く、お正月は初詣に行く人、

TVの前でお正月番組なんて良いですね~。

駅伝やってた
駅伝やってた / sor

 

一年の始まりの毎年恒例となっているのが、

箱根駅伝』ですね。観ていますか?(今年も始まりました~。)

 

正式には、「東京箱根間往復大学駅伝」。

今回が第91回目となり、数々のドラマを繰り広げてきた

歴史ある駅伝大会ですね!

 

皆さんも毎年手に汗握りながら、街頭で、

TVの前で応援してきたんじゃないでしょうか?

 

その箱根駅伝が2015年も開催されますよ!

12月に入った辺りからそわそわしていた人もいるのでは?(早すぎ?(笑))

 

そこで今回は、箱根駅伝2015が気になる方へ、

日程、出場校、優勝校の大胆予想について紹介していきます。

       目次

  • 箱根駅伝2015の日程は?
  • 箱根駅伝2015の出場校は?
  • 優勝校はどこに?大胆予想!
  • まとめ

箱根駅伝2015の日程は?

毎年観戦している人は、わかってるよっ!といわれるかもしれませんが、

箱根駅伝は、毎年1月2日、3日に開催されます。

 

往路と復路の計10区に別れ、約218kmの距離を

往路優勝、復路優勝ときて、総合優勝が決定!

 

TV放送は、毎年「日本テレビ系列」で、

2015年1月2日、3日共に朝7:00から生放送されますよ!

(どうしても見れない方は、『録画必須』ですね。)

 

第1日目:往路(1月2日)は、

スタート:大手前 読売新聞新社屋前を午前8:00出発、

ゴール:箱根町 芦ノ湖駐車場入り口 午後1:30 到着。

 

第2日目:復路(1月3日)は、

スタート:箱根町 芦ノ湖駐車場入り口を午前8:00出発、

ゴール:大手前 読売新聞新社屋前 午後1:30 到着。

 

往路、復路約110km10区間に分け、

熾烈なバトルが繰り広げられますね~。

全国男子駅伝
全国男子駅伝 / yto

箱根駅伝2015の出場校は?

箱根駅伝に出場できるのは、20校のみです。

昨年は90回記念大会だったので、出場校23校でしたが、

今年は通常大会になるので全部で21校の出場となります。

 

そして、先の予選会の結果により、

今年の出場校が決まりましたよぉ~。

気になる今年の出場校一覧はこちら↓

箱根駅伝2015出場校一覧

  • 日本体育大学
  • 東洋大学
  • 駒澤大学
  • 帝京大学
  • 早稲田大学
  • 順天堂大学
  • 明治大学
  • 青山学院大学
  • 中央学院大学
  • 山梨学院大学
  • 東海大学
  • 神奈川大学
  • 大東文化大学
  • 日本大学
  • 拓殖大学
  • 城西大学
  • 上武大学
  • 中央大学
  • 創価大学
  • 国学院大學

(順不同)

観たことあるわ~という強豪校ばかりですね~。

昨年の第90回記念大会は出場校23校でしたが、

今年は通常大会なので上記20校に関東学生連合の計21チームが出場!

 

過酷な予選を突破した20校という狭き門なので、

優勝争いのほかに来年のシード権争いも激アツですね!

 

シード権は総合10位までに入賞したチームに与えられるので、

10位争いも大注目。(10位と11位では大違い!!)

 

ちなみに、赤文字で書いているのは、

私個人が注目している予想優勝校です。詳しくは次の章で。

全国男子駅伝
全国男子駅伝 / yto

優勝校はどこに?大胆予想!

優勝校展望については、出場校一覧で赤文字で紹介した

日体大、東洋大、駒大の3校を紹介していきますね。

 

第1予想日本体育大学

日体大は、前回の箱根駅伝で3位と健闘しており、

今年の箱根でも優勝が期待されています。(私が?)

 

毎年、上位に食い込んでいるので、

実力は申し分ないですね。

 

前回の箱根大会でも区間賞を獲り、

日体大の優勝に大きく貢献しましたね。

今年はどうなるのやら~、楽しみです。

 

第2予想駒澤大学

箱根駅伝2015の予想優勝校2番目は、駒大ですね。

 

前回の箱根駅伝は、2位と優勝を逃しましたが、

今年はそのメンバーが5人(5区間)も残っているので、

今回も十分に期待できそうですね~。

 

第3予想東洋大学

箱根駅伝2015の予想優勝校3番目は、東洋大です。

 

東洋大は、前回の箱根駅伝で見事優勝し、

連覇を目指し今回の箱根駅伝も相当気合が入ってきているはずっ!

 

東洋大の特徴は「先行逃げ切り」。

出場上位10人の1万mの平均タイムが

参加校の中で1番ということもそのことを物語っています。

 

実のところ、優勝筆頭に「東洋大」を推したいところなんですが(汗)、

やはり、大、大どんでん返しも秘かに見てみたいので、

東洋大は第3予想にしてみました。

箱根
箱根 / Kentaro Ohno

まとめ

今回の箱根駅伝2015についてはどうでしたか?

今年の出場校も無事決まり、本番まで待ちきれませんが、

その熱い気持ちを当日の応援にぶつけてくださいね。

 

また、過去箱根駅伝5大会中4大会で、

最初の往路優勝したチームがそのまま総合優勝しています。

 

今回もそうなるかはわかりませんが、

どのチームが優勝してもまた一つドラマが生まれそうですね。

 

皆さんは、どのチームが優勝すると思いますか?

また、どのチームがシード権を獲得し、歓喜の涙を流すと思いますか?

 

泣いても笑っても箱根駅伝まであと少しです。

どうなるのか?今年の箱根駅伝!楽しみですね~。

 

優勝校予想で推した3校の他にも、

まだ優勝経験がないけど、今年こそは!という「青山学院大」も注目!

 

そして、2014年の全日本大学駅伝で区間賞を獲得した、

有村優樹選手、横手健選手、大六野秀畝選手を擁する

明治大」は今年も健在ですね~。(裏優勝予想筆頭!)

 

今年も熱いドラマを繰り広げてくれるであろう、箱根駅伝!

皆さんはどの大学が優勝すると思いますか?

来年のシード校争いも熱そう~!(嬉)


スポンサード リンク




この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.