秋の七草 ! 簡単な覚え方と意外に知らない由来とは?


スポンサード リンク

秋の七草春の七草

七草粥や覚え方などが有名ですが、

意外に皆さん、違いや各草の意味については

知らないのではないでしょうか?

 

秋の七草の由来、春の七草との違い、覚え方などについて

おさらいしていきましょう。

 

秋の七草とは?

秋の七草とは、「はぎ」「おばな」「くず」「なでしこ」

「おみなえし」「ふじばかま」「ききょう」を指します。

 

各草について説明していきますね。

はぎ(萩:マメ科の植物)

a1150_000797

はぎにはいくつか種類があり、やまはぎの別名でもあります。

漢字の「萩」には「秋に咲く草」という意味があるそうで、

ピンクに白がかった色をしています。

 

ききょう(桔梗:キキョウ科の植物)

a1180_007155

ききょうは、花期は夏なので、夏物の着物などに良く描かれています。

根には、咳止めの効果もあります。

 

おばな(尾花:イネ科の植物)

a1030_000308

 

ススキのことで、草が生い茂っている様子が、「薄(ススキ)」と言われ、

尾花とは、生い茂っている様子が獣の尾に似ているので、

そう呼ばれるようになったそうです。

 

くず(葛:マメ科の植物)

kuzu0099

(写真)季節の花 300

 

根から採取したでんぷんを粉のくず粉にして、

薬用やお菓子の材料に使われます。

 

なでしこ(撫子:ナデシコ科の植物)

a0960_000872

 

花の名前は、古き良き、日本の女性の清楚な美しさの代名詞

 

花の別名は「片身花」で、

その由来は、愛する子供を失った親が

代わりにこの花を子供の代わりに撫でたところからきています。

 

おみなえし(女郎花:オミナエシ科の植物)

a0960_000848

 

薬用、観賞用にも使われています。

 

昔、男に振られて身投げした女性の着ていた着物が、

山吹色の衣がこの黄色い花の由来になったという説や、

どんな女性の美しさをも圧倒する

おみな圧し」からきているという説等、諸説あります。

 

ふじばかま(藤袴:キク科の植物)

a0960_000873

 

花の由来は単純で、花が藤色

花弁の形が袴に似ているところからこう呼ばれます。

 

香りが強く、昔は髪や衣服につけて、

今の香水代わりに使われていたそうです。

 

違いとは?

秋の七草と春の七草の違いは、

草の種類もありますが、大きな違いは、

秋の七草は「花を愛でる」。春の七草は「食を楽しむ」です。

 

春には「七草粥」がありますが、秋にはありませんね。

 

覚え方

春の七草は俳句のように、

五・七・五・七・七のリズムで口ずさむと覚えやすいです。

 

『せりなずな、ごぎょうはこべら、ほとけのざ

すずなすずしろ、春の七草』

 

秋の七草の覚え方

 

私は、秋の七草の覚え方には馴染みがなかったのですが、

上の動画の覚え方はわかりやすいですね。

 

また、春の七草のように、

五・七・五・七・七のリズムで口ずさむ覚え方もあります。

 

『ハギキキョウ、クズフジバカマ、オミナエシ

オバナナデシコ、秋の七草』

 

これを何度も何度も口ずさみます。

 

春の七草も秋の七草もリズムで覚えると覚えやすいですね。


スポンサード リンク




この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す