宮島水中花火大会2015はいつ?有料観覧席やクルーズは?


スポンサード リンク

ご訪問ありがとうございます。

海に囲まれ歴史もあり、自然あふれるところも誇りな日本ですが、

皆さんは「日本に世界遺産はいくつあるか知っていますか?」(意外に知らない?)

 

世界遺産には「世界自然遺産」と「世界文化遺産」がありますが、

2014年4月に新たに登録された『富岡製糸場』を加えて、

日本には18ヶ所の世界遺産が存在します。(多い?)

 

北海道の知床を始め、白神山地、平泉、日光の社寺、

小笠原諸島、富士山、白川郷、京都の文化財、奈良の文化財

法隆寺地域、熊野古道、石見銀山、姫路城、原爆ドーム等々。

 

あれっ?18ヶ所?少なくない?と思ったあなた、勘が良いですね~。

まだ「琉球王国のグスク」があります。(それでも後一つ足りない・・・。)

 

世界遺産にはどこも一度は行きたいと思いますが、

その中でも忘れてならないのが厳島神社がある『宮島』ですよね?(嬉)

 

専用の観光船で行き、なぜ島内に鹿がたくさんいるあの場所です。

何度か観光で行ったことがありますが、

しゃもじのお土産と鹿の印象がとても強い!(あと、厳島神社の荘厳さ!

 

そんな世界遺産に指定されている宮島で、

夏休みにもってこいな大人気イベントが開催されますよ~。

a1620_000650

その大人気イベントというのが『宮島水中花火大会』。

厳島神社と海に浮かぶように建てられた朱の鳥居を背景に、

豪快な花火打上が行なわれる光景はまさに絶景ですね。

 

気になってきましたか?宮島水中花火大会。

そこで今回は、宮島水中花火大会2015が気になっている方へ、

日程・基本情報、アクセス、有料観覧席、花火クルーズについて

わかりやすく紹介していきますね。

           目次

  • 宮島水中花火大会2015の日程・基本情報は?
  • 宮島へのアクセスは?
  • 宮島水中花火大会2015の有料観覧席は?
  • まとめ(花火クルーズを紹介~!)

宮島水中花火大会2015の日程・基本情報は?

1996年に世界文化遺産に登録され、フェリーで向かっていると、

まず最初に出迎えてくれる朱の大鳥居が印象的な宮島。(何度行っても良い!)

 

毎年多くの観光客が訪れ、日本人にだけではなく、

海外のお客様にも大変人気の観光スポットですね。

(もみじまんじゅうと広島風お好み焼き、牡蠣も外せません!)

 

そんな宮島で開催される宮島水中花火大会2015の日程・基本情報について

早速、わかりやすく紹介していきますね。

宮島水中花火大会2015の日程・基本情報

  • 開催日:2015年8月11日(火)
  • 花火打上時間:19:40~20:40
  • 会場:厳島神社大鳥居沖合いの海上
  • 住所:広島県廿日市市宮島町
  • 荒天の場合:雨天決行(予備日:12日、13日
  • 花火打上数:約5000発(水中花火200発含む)
  • 見どころ:「水中尺玉100発が観られるのはここだけ!」
  • 昨年の人出:約30万人(島内5万人超)
  • 料金:無料(厳島神社拝観料1人300円
  • アクセス:JR宮島口桟橋からフェリーで約10分
  • アクセス(電車):JR広島駅から宮島口駅ま約30分
  • フェリー料金:往復360円(自動車往復1580円)
  • 駐車場:JR宮島口駅周辺に有料若干あり
  • 交通規制あり16:00~21:00ごろ)
  • TEL:0829-44-2011(宮島観光協会)

基本情報は変更になる場合があります

宮島水中花火大会は、規模としてはそこまで大きくはありませんが、

世界遺産での花火大会ということもあり、

カメラマン等、玄人の方好み(もちろん素人も)の花火大会。

 

私は、花火大会だけでもテンションが上がってしまいますが、

フレームに収める方々には他とは違う味があるんですね~。(おぉ~。)

a0002_001409

宮島へのアクセスは?

上の基本情報を見てうん?っと思った方もいると思います。

一度宮島で行ったことがある方はわかると思いますが、

フェリーに乗せて宮島まで車で行くことができるんですね。

 

ですが、気をつけなくてはいけないのは、

花火大会当日「車での来場不可」なのと混雑でたぶん無理なことです。

(1回のフェリーで約15台ぐらいしか車は運べないので。)

 

そういうことで車で行こうと思っている方は、

JR宮島口駅周辺の駐車場に停めるか、JR広島駅周辺に停めるかしましょう。

 

JR広島駅から電車で約30分の距離なので十分に可能~。

宿泊もJR広島駅周辺にしてそこから行くようにすると、

宿泊施設も多いですし、何かと便利ですね。

 

また、JR広島駅へ大阪方面から新幹線で約1時間30分、

料金は片道9710円(変更の場合あり)です。

 

東京方面からはやはり「飛行機」で行くほうが近く、

羽田空港から広島空港、そこから連絡バスでJR広島駅まで。

 

所要時間約3時間30分、片道34000円ほどですが、

格安航空券等を利用するともっと安く済みますね。(各自探してみましょう。)

 

また、夏休みなので車で行こうと思っている方もいると思いますが、

JR宮島口駅周辺に車を停めることはおすすめできません。(注意!)

 

なぜなら、そんなに周辺に駐車場がないのに加え、

花火当日は皆さんがここから宮島に行こうとするので、

必然的にかなり混雑します。(当然ですね~。)

 

そんなときにおすすめしたいのが『広島港からの高速船』。

なにも宮島口桟橋からしか宮島へ行けないわけではなく、

広島港から高速船の運行を利用して行くこともできますよ。

 

ただ、JR広島駅から広島港・宇品まで電車で約30分(片道160円)、

高速船料金が片道1850円(約22分)と少々高いのが難点。

 

アトラクション感覚で片道だけ高速船を利用して、

帰りはフェリーで帰るのも良いかもしれません。(夏休みですしね。)

a0002_001417

宮島水中花火大会2015の有料観覧席は?

宮島水中花火大会だけではなく、

花火大会共通で観賞するのに一番良い場所といえば、

やはり『有料観賞席』ですよね~。(嬉)

 

宮島花火でも有料観賞席が設けられるので、

早速、概要について紹介していきますね。

宮島花火2015:有料観覧席概要

  • 販売開始:2015年7月1日(水)AM9:00
  • 申込方法:「電話予約のみ」
  • 予約TEL:0829-44-2011(宮島観光協会)
  • 1電話予約数最大6席まで
  • 開門:8月11日(月)18:30
  • 席料:パイプ椅子1席5000円
  • 席数:800席(予定)
  • 注意点:完全指定席、小さい子供も1人と判断

概要は変更になる場合があります

電話予約後、席料を「振込み」「送金」した後、

正式に予約できるのでお早めに予約してくださいね。

a1180_013874

まとめ

今回の宮島水中花火大会についてはどうでしたか?

宮島は何もなくても?観光したい人気スポットですが、

その上、花火もど~んと打ち上げられるなんて行かないわけにはいきませんね~。

 

また、本章では有料観覧席について紹介してきましたが、

宮「島」ということもあり、当日花火クルーズ(遊覧船)プランもあるんです。

 

何社か花火クルーズ催行していますが、

ここでは一例として「瀬戸内海汽船」さんのプランを紹介!

銀河花火クルーズ概要(予定)

  • 乗船場所:広島港(受付17:00~、乗船18:00~
  • 料金:大人1階:16000円、2階19000円、3階26000円
  • 料金:小学生1階、2階ともに10000円
  • 料金:幼児1階、2階ともに8000円
  • 一般予約開始:2015年7月1日(水)AM9:00
  • 予約方法:「電話予約のみ」
  • 予約TEL:082-255-3344

概要は変更になる場合があります

瀬戸内海汽船さんでは、「ディナー込み」の料金設定となっているので、

少々お値段が高くなっています。

 

お子様には「お子様ランチ」が提供されますが、

大人と一緒の料理を希望の方は大人料金の1000円引きで提供してくれますよ。

 

こちらも電話予約のみの受付ですが、

宮島水中花火大会の有料観覧席の申込開始と

同時刻開始』なのでどちらにするかは皆さん次第~。(お早めに~。)


スポンサード リンク




この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.