お年玉の相場はいくら?小中学生へは?高校生へは?


スポンサード リンク

ご訪問ありがとうございます。

子供のころは楽しみで、いくらもらえるのか?とか、

もらったら何に使おうか、それとも貯めておこうかと

楽しい思い出しかなかった『お年玉』。

a0960_001186

しかし、大人になると一転、今度は嫌なイベントになります・・・。(笑)

当然、あげる側になるからですね。(泣)

 

皆さんの今年の出費はいくらになりそうですか?

そこで気になるのは、『お年玉の相場』。

気になりませんか?

 

もう何度もあげてベテラン?になれば、

これぐらいという感覚もわかると思いますが、

あげ慣れていないと相場がわかりません

 

そこで今回は、お年玉をあげる予定がせまっている方へ、

お年玉の相場についてあげる相手の年代別で紹介していきます。

          目次

  • お年玉の相場 小学生未満編
  • お年玉の相場 小・中学生編
  • お年玉の相場 高校生編
  • 大学生でもあげなきゃダメ?
  • まとめ

お年玉の相場 小学生未満編

お年玉の相場で意外に悩むのは、

小学生よりも下の子供にあげるときではないでしょうか?

 

多くあげても感謝?されるわけでもなく、

少なすぎる?といっても額がわからない!なんてことも。

 

また「自分の子供」、「親戚の子供」、

友人の子供」等によって多少、額が変わってくるようですね。

小学生未満へのお年玉相場

  • 自分の子供:500円~1000円
  • 親戚の子供:2000円
  • 友人の子供:1000円~3000円

小学生未満でも、やはり1000円ぐらいは

あげる方が多いようですね。

 

あまりに少ないと、やはり親はチェックしていますから、

・・・』となることも。

 

しかし、気をつけて欲しいのが、

お年玉のあげ過ぎも失礼にあたるということ。

 

相手にもお返しがあるので、

厚意であげすぎても関係が微妙になる危険性があるので注意。

 

赤ちゃんなど、幼稚園未満のお子さんへは、

1000円札よりも100円玉5枚等、コインであげると、

意外に喜んでくれますよ~。

a0002_004781

お年玉の相場 小・中学生編

ここいら辺りから金額が難しくなっていますね~。(笑)

お年玉の相場 小・中学生編

  • 自分の子供小学生:3000円、中学生5000円
  • 親戚の子供小学生3000円、中学生5000円
  • 友人の子供小学生3000円、中学生3000円~5000円

この年代になると、自分の子供、親戚の子供、

友人の子供とあんまり大差はないようですね。

 

小学生は低学年、高学年で最も多い回答が、

3000円』で、この年代になると、

回答金額も数千円から数万円まで幅広くなります。

 

中学生になると、やはり5000円ぐらいはあげないと、

納得?してもらえないんでしょうか?痛い出費です。


スポンサード リンク

 

お年玉の相場 高校生編

相手の子供が高校生になると、

アルバイトをしている子もいるので、

金銭感覚が大人に近づいてきます

 

少なすぎると相手の親だけでなく、

その子にも嫌われてしまう?危険性もありますよ。(笑)

お年玉の相場 高校生編

  • 自分の子供:5000円~10000円
  • 親戚の子供:5000円~10000円
  • 友人の子供:5000円

相手が高校生になると、『5000円』というのが

境界線のようですね。

 

さすがに高校生に3000円では、

凌げそうにないみたいです。う~ん、痛い(笑)

a1640_000185

大学生でもあげなきゃダメ?

お年玉といえば、相手の子供が小・中学生、

もしくは高校卒業までぐらいと思っていましたが、

最近では大学生でももらっている人が多いようです。

ということは・・・あげなきゃダメですね。(泣)

 

大学生にあげるお年玉の相場は、

10000円以上』で最も多い回答範囲は、

10000円~20000円」です。

 

やはりここまで来ると痛いというレベルを超して、

どうにかあげずに回避したいですね・・・。

a0001_014961

まとめ

今回のお年玉の相場はどうでしたか?

私が年代別でもらったお年玉で多かった範囲は、

  • 小学生未満:1000円
  • 小学生:3000円~5000円
  • 中学生:3000円~10000円
  • 高校生:3000円~10000円

皆さんの場合はどうでしたか?

 

また、意外に気をつけなければいけないのが、『ポチ袋』。

気をつけていますか?

 

相手の子供が小さくなればなるほど、

ポチ袋一つでこちらの印象が大きく変わりますよ!

 

人気のキャラクターの載った物等、

できるだけ旬な物を用意してくださいね。

 

また、本来のお年玉は、『年上の人が年下にあげる』もの。

目上の人(会社の上司、先輩等)のお子さんに対して、

「お年玉」として現金を渡すのは失礼にあたります!

 

図書カード全国共通商品券など、

現金以外のもので渡すのが良いですね。

参考になればと思います。


スポンサード リンク




この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す