痛風の原因と症状とは?


スポンサード リンク

昔は、「贅沢病」と言われた痛風。

最近では、身近にも中高年の男性でなったと

ちらほら聞くようになりました。

 

どういうことが原因で、どのような症状が、

出るのでしょうか?

 

痛風とは?

痛風とは、体内に「尿酸」と呼ばれる

物質が大量にたまって引き起こされる病気です。

 

尿酸とは、細胞内の核酸(遺伝子みたいなもの)を

構成する成分である「プリン体」が

分解されて生じる物質です。

 

プリン体はビールなどに多く含まれているので、

最近、ビールのパッケージ側面に「プリン体カット!!」と

書かれているのをよく見ますね。

 a1020_000232

痛風の初期症状とは?

原因よりも痛風は、症状の方が有名かもしれませんね。

体内の尿酸値が高くなると、ある日突然、

足の親指の付け根が激痛に見舞われ、

まさに「風が吹くだけでも痛い」状態が起きるそうです。

 

こればっかりはなった人しかわからないと思いますが、

歩くのも困難なほど突き刺さる痛みがあると聞くと

ぞっとします。(気をつけたいですね。)

 

足の親指の付け根が最初に痛くなるのが

多いそうですが、基本的に手足の末端の痛み

初期症状としては多いです。

 

尿酸が体内に蓄積されやすい人には

3タイプあるみたいです。

  1. 尿酸が体内で作り出されやすい
  2. 尿酸が排出されにくい
  3. その両方を併せ持つ

自分が、そのようなタイプか把握することが

一番最初の予防になるかもしれません。

 

尿酸値を調べるには、血液検査が有効ですから、

定期的な血液検査をおススメします。

 a1180_001266

痛風になりやすい危険な食べ物とは?

痛風は体内の尿酸値が高くなると発症しやすくなります。

 

尿酸は「プリン体」が分解されたものであることから、

プリン体が多いものを集めてみました。

 

■プリン体が特に多い食品

アンキモ/50g (199.6mg)
イサキの白子/50g (152.8mg)
牛焼肉レバー/120g (122.2mg)

 

■プリン体が多い食品

牛肉ヒレステーキ/200g (84.6mg)
豚ロースステーキ/200g (79.8mg)
カツオの切り身/80g  (72.2mg)
車エビ/80g (68.6mg)
アジの干物/60g (65.3mg)
サンマの切り身一切れ/80g (54.4mg)
マグロの切り身一切れ/80g (53.8mg)
タラバガニ/100g (47.4mg)
ヒラメの切り身一切れ/80g (46.0mg)
マダコ/80g (45.8mg)

 

■アルコール類

ビール大瓶1本/633ml (32.4mg)
日本酒/1合 (2.2mg)
ワイングラス/1杯 (1.0mg)
ブランデー/40ml (0.2mg)
ウイスキー/80ml (0.1mg)
焼酎水割り/1杯 (0.0mg)

 

参考資料  bit.ly/13DkovZ

 

プリン体に限って言えば、内臓系に多く、

お酒はビールがダントツで多いですね。

 

これらを食べるときは、食べ過ぎない、

ほどほどにするということが大事ですね。

 a0002_011085

予防法とは?

<尿酸値を下げる食べ物を食べる>

海藻類では、わかめ、ひじき、昆布

野菜類では、ほうれん草、ごぼう、にんじん、キャベツ等。

果物類では、メロン、バナナ、グレープフルーツ

 

これらの食品が、体内の尿酸値を

下げてくれる働きをしてくれます。

 

他にも、干ししいたけ、大豆などがあります。

 

まだまだあるので、各自で調べてみるのも良いですね。

 

<適度な運動をする>

これは、痛風予防に限ったことではありませんが、

肥満は痛風にとって大敵です。

 

毎日適度な運動を心がけましょう。

 

ここで気をつけたいのが、早期に痩せたいからといって

激しい運動をしないということです。

 

激しい運動は、逆に尿酸値を上昇させてしまいます。

 

激しい運動をするよりも、適度な運動を

続ける方が効果的です。

 a0003_001658

<サプリメント・漢方を飲む>

尿酸値が高い人は、手っ取り早く下げたいのであれば、

病院に行って、薬をもらい飲めば、

一時的には下がります。

 

しかし、あくまで一時的にです。

 

飲むのを止めると、すぐに元に戻ってしまいます。

 

そこで、食事の補助的なものとして、

サプリメントを飲むことが有効です。

 

効果的な成分として、

サポニン、アンセニン・・・いろいろありますが、

自分にあったものを探すのも良いかもしれないですね。

 

あくまで、食事、運動が主であることは

頭において置いてください。

 

 

しっかりと、ならないように予防して、

風が吹いても痛い?という痛みを

経験しないようにしましょう~。

 


スポンサード リンク




この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.