京都 嵐山の花灯路2015とは?日程 時間は?


スポンサード リンク

ご訪問ありがとうございます。

京都嵐山といえば、観光地、景勝地としても全国で有名ですね。

いつ行っても四季折々の景色を楽しむことができます。(嬉)

 

寒くなってきて、クリスマスが近づいてくると、

あれが恋しくなってこないですか~?(えっ、何?)

 

そうです!イルミネーションライトアップ

肌寒い中で空気が澄んでくると、いつも綺麗な景色が、

ライトアップされて、より綺麗になりますね。(嬉)

花灯路
花灯路 / t.shigesa

 

そんなライトアップイベントが嵐山でも開催されますよ~。

そこで今回は、嵐山の花灯路2015について紹介していきます。

嵐山を彩る2500基の行灯(あんどん)は、圧巻の景色!

          目次

  • 嵐山 花灯路2015の日程は?
  • おすすめスポットは?
  • まとめ(周辺のおすすめ宿泊施設を紹介~!!)

嵐山 花灯路2015の日程は?

まずは花灯路の日程が気になるところだと思うので、

早速、開催日程について紹介していきます。

嵐山 花灯路2015:基本日程

  • 開催期間:2015年12月11日(金)~12月20日(日)
  • 点灯時間:17:00~20:30ごろ
  • 開催場所:嵯峨・嵐山地域
  • イベント①:スタンプラリー開催
  • イベント②:フィナーレイベント「花咲想
  • 特別拝観:嵐山周辺の寺院・神社で特別拝観開催!

基本日程は変更になる場合があります。

期間中、嵐山会場内では、

毎年恒例の「スタンプラリー」が今年も開催!

全4種類のスタンプを集めると、抽選で記念品がもらえますよ。

 

会場内で配布している散策マップにもスタンプ台紙が付いていますが、

スマートフォン、携帯電話からの参加も可能なので是非参加を!

 

また、嵐山 花灯路の最終日(12月20日)には、

フィナーレイベント「花咲想」(はなさかそう)が開催!

コスモスの種」(5000袋分)が会場エリア数ヶ所で配布されます。

Hankyu Arashiyama Station
Hankyu Arashiyama Station / Hyougushi

おすすめスポットは?

おすすめスポットはどこと聞かれると「全部!」と答えたくなりますね。

それほど嵐山は魅力的な場所です。

 

期間中、特別拝観が実施される寺院・神社は、

是非足を運んで、普段よりも増した荘厳さを体験してください。

 

京都の寺院・神社は、特別拝観だけでなく、

通常の拝観も含めて有料のところが多いので注意。

簡単な特別拝観紹介!!

  • 二尊院(特別拝観料:中学生以上500円:以下は無料)
  • 落柿舎(特別拝観料:大人200円)
  • 常寂光寺:(特別拝観料:大人400円、小学生200円)
  • 野宮神社:(特別拝観料:無料
  • 大河内山荘庭園:(特別拝観料:大人・小人500円)
  • 天龍寺:(特別拝観料:大人500円、小中学生300円)
  • 小倉百人一首殿堂 時雨殿(大人500円、小人300円)
  • 法輪寺(特別拝観料:無料

拝観料は変更になる場合があります

常寂光寺(じょうじゃっこうじ)や臨済宗大本山・天龍寺は、

紅葉スポットとしても全国的に有名ですね。

素晴らしい庭園と紅葉とのコラボも是非、堪能してください。

 

また、特別拝観を実施している寺院・神社以外にも、

おすすめスポットはたくさんありますよ。

 

嵐山を紹介する写真で有名な「渡月橋」(とげつきょう)は、

山裾、水辺等、周辺一帯がライトアップされ、

大変美しい景色を堪能することができます。(おぉ~。)

 

嵐山といえば「渡月橋」と言っても過言ではないですが、

昼間、観光地として楽しむのとはまた違った景色、

美しいライトアップされた渡月橋は必見!

 

この機会に昼と夜、2回楽しんでみてはいかがでしょうか?

デジカメ(携帯でも1000万画素以上?)の機器はお忘れなく!

a900_togestu_bridge
a900_togestu_bridge / orange_kuma

 

また他にも、「竹林の小径(こみち)」なんてどうですか?

野宮神社から大河内山荘庭園に至る小道の竹林

ライトアップし、幻想的な空間を演出しています。

 

こちらも昼間でも少し幻想的な風景を楽しむことが出来ますが、

夜になるとこのように↓ より荘厳さが増しますね~。(おぉ~。)

Kyoto Arashiyama Hanatōro 2007
Kyoto Arashiyama Hanatōro 2007 / Hyougushi

まとめ

今回の京都 嵐山の花灯路についてはどうでしたか?

嵐山は景色が綺麗なだけではなく紅葉でも有名ですし、

またトロッコ列車、保津川下りも楽しむことができます。

 

良い所ですね~嵐山は!

でも、まだまだ行く度に再発見があります。

計り知れない奥深さがあるのが京都の良さ

 

まだ、一度も行ったことがないという方は、

是非この機会に足を運んでみてくださいね

 

そして、ここからは目次での予告通り、

デート等で嵐山へ行こうと思っている方へおすすめしたい、

周辺の宿泊施設について紹介していきますね。

 

おすすめは、『禿庵』(かむろあん)。

禿庵は、京都市東山区清水4-197-3にあり、

清水寺から清水新道・茶碗坂を下ったところにあるお宿。

 

嵐山周辺から禿庵へは、阪急嵐山駅から桂駅で乗換え、

烏丸駅まで約20分、片道200円。(ゆったりちょうど良い?)

 

そこから徒歩約1分のバス停(四条烏丸)でバスに乗り、

九条車庫前行、6駅、約10分、片道250円、「清水道」下車後、徒歩約4分

 

禿庵は、総部屋数3室しかなく早期予約必須ですが、

1日2~3組しかお客をとらないので、

まるで京都の親戚の家に泊まっている雰囲気を味わえます。

 

もちろん、良いところの親戚の家ですよ。(笑)

また、清水寺三十三間堂、祇園・先斗町界隈へは徒歩で行けるので、

観光、グルメ等にも大変便利ですね~。(飲みすぎ注意!)

 

そんな禿庵の気になる料金ですが、

12月12日(土)ごろだとまだ予約可能で、

朝食付きプランで24000円~(大人2人)となっています。

 

素泊まりだと22000円~(大人2人)ありますが、

これくらいの料金差なら朝食を付けても良いですね。

 

そして、禿庵では、夕食付きのプランはないので、

夕食をどこにするか迷われると思います。

 

というわけで、周辺のおすすめグルメについても

わかりやすく紹介していきますね。

 

私のおすすめは、鳥料理の『鳥市』。

鳥市は嵐山駅から近いので、花灯路を楽しんだ後、

夕食を済ませてゆっくりお宿に帰ると良いですね~。

 

鳥市は、京都市西京区嵐山中尾下町44にあり、

渡月橋からも近く、「水炊き」か「鳥すき焼き」がおすすめ!

 

すき焼きなら1人前2500円、水炊きなら1人前3500円~なので、

皆さんの予算にもよりますが、個人的には「水炊き派」。

(共に注文は「2人前」以上からとなります。)

 

定休日は木曜日で日曜日は営業しているので、

観光中、いつ行っても良いですね~。

 

昼は嵐山観光ついでに「鳥すき焼き」を、

夜は花灯路を楽しんだ後、もしくは前に「水炊き」なんて最高~!


スポンサード リンク




この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す