富士山に登ろう!!初心者のための登山のいろはとは?


スポンサード リンク

富士山が世界遺産に登録されて、ますます注目を浴びるようになりました。

 

しかし、登りやすい山、登山者数が多い山とはいえ、

日本一高い山なので危険は付き物です。

 

しっかり、富士山について学び、安全な登山を心がけましょう。

 a0027_002826

富士山について

まずは、富士山 山開き!入山料導入で登山者は減る?

お読みください。

 

Point

  • 富士山には「山開き」があり、登りやすい期間がある
  • 入山料(1000円)が取られる期間がある
  • 登山時期の狙い目は7月下旬~8月末平日
  • マイカー規制がある

 

登りやすい期間があると書いていますが、

山開き期間以外には、山小屋が開いていないので、

休憩できる場所がありません

 

初心者には過酷過ぎる登山になるので、

登りやすい期間と書きました。

 a0726_000194

主な登山ルート

ここでは、主に初心者に優しいルートを案内します。

1、吉田口(河口湖口)ルート

富士登山の中で、一番メジャーで一般的なルートです。

 

富士山の五合目(2300m付近)からスタートすることができ、

標準で上り:5時間半、下り3時間の登山時間が目安です。

 

一番メジャーなコースだけあって、登山者が多く、

一番混むコースでもあるので、ピーク時には渋滞!?が起きるので注意。

 

このルートの良さは、

比較的登りやすいというのもありますが、富士山の北東にあるため、

メインの御来光は登山ルートのどの場所でも見ることができるところです。

 

2、富士宮口ルート

2番目に人気の高いのではないかと思われるルートです。

 

上りと下りの距離が一緒で、登山開始から頂上までの登山距離が最短です。

 

しかし、その分、登る傾斜がきつめなので、

吉田口(河口湖口)ルートよりかは、登るのに苦労します。

 

標準で上り:4時間半、下り2時間半の登山時間が目安です。

最も短時間で登ることができるルートなので、

時間のない人にはおススメです。

 

富士山にはその他、2つのコースがあります。

3、須走口ルート

4、御殿場口ルート

これら2つのルートは中上級者向けの登山ルートなので、

初心者にはおススメしません。

 

特に御殿場口ルートは、

上級者向けなので、初心者は立ち入り不可のルートです。

経験を積んでからチャレンジしましょう。

 a0726_000193

高山病の予防対策

富士山に限ったことではありませんが、

登山には高山病の危険が付き物です。

 

富士山ぐらいの高い山では簡単に高山病になる事に注意です。

 

予防方法

  • ゆっくりしゃべりながらでも登れるペースで登る
  • 体を冷やし過ぎない
  • 呼吸を深くすることを心掛ける
  • 水分をたくさん取る(トイレは有料なので注意!)
  • 睡眠をしっかり取る(寝不足で登らない)

 

高山病は酸欠の状態が続き、気圧の低下による乾燥で、

体の水分が失われることにより起きます。

しっかり予防しましょう!!

 

もしなってしまったら(対策)

  • 下山する(高山病は標高を下げると治ります)
  • 酸素を吸入する(酸欠が原因なので)

 

高山病になってしまったと思ったら、とにかく無理をしないで、

下山することをおススメします。

無理をして、登山しても症状が悪化する一方です。

 a0782_001106

その他注意点

高山病に対して以外の注意点についてまとめておきます。

1、初心者こそ、できるだけ充実した装備を

富士登山はしっかりと準備すれば、初心者にも難しくない山だといわれています。

 

しかし、そういわれていても、そこは日本一の山。

軽装で登れるほど甘くはありません。

 

しっかりと準備をして望みましょう。

 

2、ゆっくり登る

高山病予防の時にも書きましたが、富士山は標高が高い分、

地上にいるときよりも気圧が低く、体調を崩しやすくなります。

 

疲れは急に来るので、

上り始めは早く行きたい気持ちに駆られることがありますが、

遅いかな?と思うぐらいのペースで登りましょう。

 

3、夜の登山を避ける

御来光見たさに夜に登山する人は多くなります。

 

しかし、夜は視界が悪くなるし、登山者が多いだけに、

自分のペースで登ることが難しくなります。

 

山小屋での仮眠では十分に休息を取ることはできないので、

初心者にとっては過酷な登山となります。

自分の体力と経験と相談して、安全に登山しましょう。


スポンサード リンク




この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメントを残す